北海道では、すでに道北などで雨が降り始めていますが、明日13日にかけて雨の範囲は広がり、降り方や風も強まる所が多くなる見込みです。今後の道内の天気や気温について、詳しく解説します。

今日12日午後の天気

今日(12日)は、道北は断続的に雨が降り、宗谷地方を中心に時折雨脚が強まることもあるでしょう。明日明け方にかけての24時間で降る雨の量は、多い所で80ミリの見込みです。一方、その他の地域は次第に雲が厚みを増す所が多くなりますが、今日いっぱいは目立った天気の崩れはないでしょう。

雨のピークは明日13日の昼頃に

明日(13日)は前線を伴った低気圧が発達しながら北海道付近を通過し、大気の状態が不安定で、気圧の傾きも大きくなる見込みです。
明日は、全道各地で雨となります。南から暖かく湿った空気が流れ込む影響もあり、日中にかけて降るものは山沿いの地域も含めて、雪ではなく雨となりそうです。道央や宗谷地方は朝から雨が降りやすく、その他の地域でも昼頃からは広く雨が降るでしょう。雨の中心は道北ですが、その他の地域でも道央や道南方面などでは、雷を伴って局地的に激しい雨の降る恐れがあります。

明後日14日明け方にかけての24時間で降る雨の量は、日本海側や太平洋側西部、オホーツク海側北部の多い所で50〜100ミリに達する見込みです。
雨のピークは昼前後で、休日ということで外出する方も多いと思いますが、天気の急変には十分な注意が必要です。
天気急変のサインは、黒っぽい雲が近づく、急に冷たい風が吹く、遠くで雷の音が聞こえる、などです。このようなサインを察知した場合は、頑丈な建物内に避難するなど、安全を確保するように心がけてください。
また、午後を中心に風も強まり、横なぐりの雨となることもありそうです。雨を伴う強風などにも注意が必要です。

なお、低気圧の発達の程度や前線の活動の程度によっては、警報級の大雨や暴風となる恐れがあります。大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水などに十分注意し、最新の気象情報や交通状況などを確認するとよさそうです。