あす13日(日)は北海道から九州は広く雨や風が強まり、荒れた天気になるでしょう。激しい雨や横殴りの雨になる所もありそうです。南風が強まり、最高気温は平年より高くなりますが、前線通過後は気温が急降下するでしょう。

広く雨や風が強まり荒天に

画像A

あす13日(日)は、低気圧が発達しながら北海道付近を通過するでしょう。低気圧から延びる前線が本州付近を通過する予想です。広く風が強まり、前線に向かって暖かく湿った空気が流入するため、大気の状態が不安定となるでしょう。

北海道は朝から雨や雷雨で、雷を伴って激しい雨の降る所がありそうです。風も次第に強まり、荒れた天気になるでしょう。日本海側を中心に大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水、強風や高波に十分注意してください。

東北の日本海側や北陸も昼頃から雨や雷雨になるでしょう。局地的に激しい雨が降りそうです。東北の太平洋側も夕方以降は次第に雨雲がかかるでしょう。沿岸部を中心に風が強まり、横殴りの雨になる所もありそうです。

関東も雲に覆われ、夕方以降は次第に雨が降り、雷の鳴る所もあるでしょう。東海や近畿は昼頃から、中国、四国は朝から雨や雷雨で、紀伊半島や四国では激しく降ることもありそうです。九州は午前中は雨雲や雷雲がかかるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、急な激しい雨に注意が必要です。

最高気温は平年より高く夏日も 前線通過後 気温急降下

画像B

広く南風が強まり、最高気温は平年より高いでしょう。北海道は17℃くらいまで上がり、10月並みとなりそうです。東北は20℃くらい、北陸や関東から中国、四国は22℃ほどまで上がるでしょう。九州は25℃以上の夏日になる所もありそうです。

ただ、前線が通過したあとは北風に変わり、気温が急降下するでしょう。日本海側を中心に夕方以降はグッと寒くなりそうです。服装選びにお気をつけください。

14日(月)は寒気が流れ込み、北海道では平地でも雪の降る所があるでしょう。全国的に日中も気温の上がり方は鈍くなりそうです。

激しい雨とは

画像C

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上〜50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。