メイン画像

きょう13日(日)は、全国的に雨が降るでしょう。大気の状態が不安定になり、局地的に大雨や横殴りの雨となるでしょう。雷雨や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。雨のあとは寒気が流れ込み、気温が一気に低下するでしょう。

全国的に雨 局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨も

画像A

きょう13(日)は、全国的に雨が降るでしょう。その原因は午前3時現在、日本海を進む前線を伴った低気圧と九州の西を進む別の低気圧です。このあと前線を伴った低気圧は発達しながら北海道を通過し、前線が北日本から西日本にかかるでしょう。もう一つの低気圧は西日本から東日本の太平洋側は進む見込みです。

低気圧や前線に向かって湿った空気が流れ込むため、大気の状態は不安定になるでしょう。バケツをひっくり返したような激し雨や雷雨、横殴りの雨が降る所がありそうです。落雷やひょう、竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

注意が必要な時間帯は、九州が午前中、中国地方と四国が夕方にかけて、近畿と東海が昼ごろから夜にかけてとなります。関東、北陸、東北は夕方ごろから夜、北海道は昼ごろから夜にかけてとなるでしょう。

特に北海道は、発達した低気圧が近づくため、大雨や暴風に警戒が必要です。土砂災害や低い土地への浸水、川の増水にも注意してください。また、海上は波が高まり、大しけとなる所もあるでしょう。

雨のあとは気温が急降下

画像B

最高気温は、低気圧や前線に向かって、南よりの風が吹く所が多く、10月並みの気温の所が多くなるでしょう。沖縄は28℃、九州は25℃ほどと昼間は半袖でも過ごせるでしょう。中国地方、四国から東北にかけては、20℃を超える所が多くなりそうです。北海道も広く15℃以上と極端な寒さは感じないでしょう。

ただ、低気圧や前線が通過したあとは、寒気が流れ込みそうです。北日本や北陸を中心に夜になると一気に寒くなるでしょう。例えば、札幌市は正午の気温が16℃で午後9時が7℃で差が9度、青森市が正午20℃で午後9時が10℃と差が10℃、新潟市が正午20℃で午後9時が12℃ど差が8℃と気温が急降下する予想です。東京都心は、正午22℃で午後9時は19℃どあまり下がりませんが、寒気の流れ込みが少し遅いため、日付が変わったころからあす14日(月)朝にかけて冷えてきそうです。気温の変化が大きくなりますので、お帰りが遅くなる方は、上着を一枚余分に持つなどの寒さ対策を取るようにしましょう。

雷雲が近づくサイン その時どうする?

画像C

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。