14日月曜15時までの最高気温は、札幌市・大阪市などでは今季最も低くなりました。青森市は11月としては6年ぶりに、前日より10℃以上も下がりました。東京都心の最高気温は、13日日曜は10月上旬並みでしたが、一転して、5日ぶりに20℃に届きませんでした。

14日月曜15時までの最高気温

14日月曜は、寒気が南下したため、全国的に13日日曜ほど気温が上がりませんでした。

15時までの最高気温は、札幌市では6.8℃、秋田市では12.9℃、金沢市は15.2℃、京都市は16.3℃、大阪市は17.3℃、神戸市は17.0℃、和歌山市は17.5℃、高松市は17.8℃と、いずれも今シーズンこれまでで、最も低い値を観測しました。

また、前日よりも気温が大幅にダウンした所が多くなりました。青森市の15時までの最高気温は11.7℃と、13日日曜の最高気温22.8℃より、11℃も低くなりました。青森市で11月に最高気温が前日より10℃以上低くなったのは、2016年11月6日(前日比-10.1℃)以来、6年ぶりのことです。

東京都心は18.8℃と、13日日曜の24.1℃より5℃低く、5日ぶりに20℃に届きませんでした。

15日火曜の最高気温 東京都心は師走並み

画像B

この寒気の影響は、14日月曜の夜以降も続くでしょう。

15日火曜の最低気温は、全国的に14日月曜と同じか、低い予想です。沖縄は20℃以上ですが、九州〜関東は10℃くらいの所が多く、北陸や東北は7℃前後、北海道は氷点下の所が増えそうです。

最高気温は、沖縄は25℃くらいでしょう。九州〜東海は20℃前後で、日差しが暖かく感じられそうです。

ただ、注目すべきは関東です。東京都心では14℃までしか気温が上がらず、12月上旬並みでしょう。雨と北風で、気温の数字よりも寒く感じられそうです。お出かけの際は、これまでよりも暖かい服装を心がけてください。

北陸や東北は15℃前後、北海道は10℃くらいまで上がる予想ですが、雨や雪の降る所がありますので、体を冷やさないよう、ご注意ください。