メイン画像

あす(22日)の朝にかけて関東甲信の山沿いを中心に大雪の所も。東京23区の積雪の可能性は低くなりました。

箱根や秩父などで あすにかけてさらに予想降雪量15センチ

関東地方では市街地での積雪の可能性は低くなりましたが、北部の山沿いや内陸部ではあす(22日:木曜)にかけて雪が降り続き、局地的な大雪となる恐れがあります。大雪による交通障害に警戒し、車の運転の際は路面状況の変化にご注意下さい。
【雪はいつ頃まで続く??】
あす(22日:木曜)の明け方にかけて続く見通しです。その後は次第に雨に変わり、昼頃にはやむでしょう。
【予想降雪量〜あす(22日)の18時までに予想される24時間降雪量〜】
いずれも多い所で
甲信地方は30センチ
関東北部山沿いは25センチ
箱根〜多摩地方や秩父地方にかけては15センチ
【防災上の注意点】
大雪や路面の凍結による交通障害にご注意下さい。また電線や樹木などへの着雪に注意が必要です。
【そのほか注意点】
①湿った雪の場合は、うっすら程度でも積もった雪と靴底との間に水が入りこみ(若干浮いたようになるため)転倒の危険性があります。足元には十分ご注意下さい。
②うっすら程度の積雪または路面が濡れている程度でも、冷え込みが強まると凍結する恐れがあるため、注意が必要です。
③湿った雪が靴に染みてくることがあります。足元の冷えは体を冷やす元になります。防水スプレーをするのも良いでしょう。