きょう15日(七五三)は、北陸から北の日本海側を中心に所々で雨が降るでしょう。北海道では雪のまじる所がありそうです。関東も午前中は雨雲がかかりやすいでしょう。日中は気温がほとんど上がらず、肌寒い一日となりそうです。

きょうの天気図

画像A

きょう15日は、関東の沿岸部を低気圧が東に進むでしょう。また日本海にある別の低気圧が東に進む見込みです。

低気圧に向かう暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、北陸から北の日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定となる所があるでしょう。

きょうの各地の天気

きょう15日(七五三)の各地の天気です。

北海道では日本海側は雲が広がるでしょう。午前中を中心に雨や雪の降る所がありそうです。太平洋側は午前中は晴れますが、午後は所々で雨や雪が降るでしょう。

東北は太平洋側は晴れ間が出ますが、日本海側を中心に雲に覆われて、午後は雨が降るでしょう。所々で雷を伴う見込みです。夜遅くには雪のまじる所がありそうです。北陸も雲が広がり、昼頃から次第に雨が降る見込みです。雷を伴う所があるでしょう。竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨、ひょうにご注意ください。

関東は昼前にかけて雨の降る所があるでしょう。午後は次第に晴れ間の出る所がある見込みです。東海は日中は日が差すでしょう。ただ、山沿いでは夕方から雨の降る所があるでしょう。近畿はおおむね晴れますが、北部では午後は雨や雷雨の所がありそうです。四国は大体晴れる見込みです。中国地方と九州は、山陰や九州北部で朝まで雨雲のかかる所がありますが、昼前から広い範囲で晴れるでしょう。

沖縄は雲が多く、午後は雨の降る所がありそうです。

きょうの各地の最高気温

きょう15日の最高気温は、きのう14日と同じか、低い所が多いでしょう。

平年並みの所が多く、札幌は9℃、名古屋は19℃、大阪は18℃、福岡は17℃の予想です。

一方、関東は、きのう14日より5℃くらい低くなり、東京都心などでは15℃に届かない見込みです。11月下旬から12月上旬並みの寒さでしょう。午前中を中心に雨が降り、一層肌寒く感じられますので、上着を羽織って暖かくしてお出かけください。