きょう16日は、北海道と東北の日本海側、北陸を中心に天気が崩れるでしょう。北海道では雪の降る所がありそうです。北陸は大気の状態が不安定で、落雷や突風に注意が必要です。関東から九州は、太平洋側を中心におおむね晴れる見込みです。ただ、関東甲信などの標高の高い峠道などで雪の降る所がありそうです。

きょうの天気図

画像A

きょう16日は、日本付近は西高東低の気圧配置となり、上空には強い寒気が流れ込むでしょう。北陸を中心に大気の状態が非常に不安定となりそうです。

各地の天気

きょう16日は、北海道は日本海側を中心に雨や雪の所が多いでしょう。太平洋側は日差しが出ますが、所々で雨が降り、雪のまじる所もありそうです。東北は日本海側を中心に雨が降ったりやんだりでしょう。標高の高い所では雪の降る所がありそうです。北陸も昼頃まで雨が降るでしょう。大気の状態が非常に不安定ですので、落雷や突風、ヒョウにご注意ください。

関東から九州は、太平洋側を中心におおむね晴れるでしょう。ただ、関東北部や長野県北部、岐阜県飛騨地方など標高の高い山地を中心に雪が降り、積雪となる所もありそうです。積雪や路面凍結による交通障害に注意が必要です。

沖縄は雲に覆われて、所々で雨が降る見込みです。先島諸島では午前中は雷を伴って激しく降る所があるでしょう。

きょうの最高気温

きょう16日の最高気温は、寒気が流れ込む北海道や東北は、きのう15日よりも低い所が多いでしょう。札幌は7℃の予想です。

一方、日差しが戻る関東は、きのう15日より高くなるでしょう。東京都心は18℃と平年並みになりそうです。

名古屋と大阪はきのう15日と同じくらいか低く、17℃くらいの予想です。高知や福岡は20℃前後まで上がり、この時期らしい気温になるでしょう。日差しが暖かく、小春日和になりそうです。