向こう2週間、寒気が流れ込むことがありますが、一時的で、高温傾向です。度々広く雨が降り、この時期としてはまとまった雨になるでしょう。局地的な大雨の恐れもあります。

18日〜24日 週末と23日勤労感謝の日は冷たい雨 初冬らしい寒さ一時的

画像A

向こう一週間、広く天気が崩れるのは週末と、23日勤労感謝の日です。冷たい雨が降り、東京都心でも最高気温が15℃に届かないなど、師走並みの寒さになることがあるでしょう。ただ、初冬らしい寒さは一時的で、この時期としては気温は高めの日が多い予想です。

あす18日午後から19日午前中にかけて、北日本付近を気圧の谷が通過する見込みです。北海道や東北は雨が降るでしょう。雪になるのは北海道の標高の高い所に限られそうです。北陸付近にも雨雲がかかるでしょう。

一方、18日は、東シナ海から日本の南に前線が延びる見込みです。九州南部に雨雲がかかるでしょう。雨の範囲は19日には、次第に北へ広がり、九州は広く雨が降りだす見込みです。20日は、本州の南岸を低気圧が東へ進み、九州から東北は広く雨が降るでしょう。20日頃は、東海や関東を中心に荒れた天気になる所があり、低気圧の動向によっては、静岡県や神奈川県など局地的な大雨の恐れがあります。

21日は天気は回復する所が多いですが、北海道や東北の日本海側、北陸を中心に気圧の谷の通過で雨が降るでしょう。

22日から23日にかけて、本州の南を低気圧が東へ進み、九州から東北を中心に雨が降る見込みです。

24日は、低気圧が三陸沖を北へ進む可能性があります。この場合は、東北や北海道を中心に雨が降り、次第に風が強まることがあるでしょう。

25日〜30日 強い寒気が流れ込む可能性 寒気が入っても寒さは一時的

画像B

25日から30日、この期間のはじめは、千島近海で低気圧が発達する可能性があります。日本付近に強い寒気が流れ込み、北海道は雪が降り、東北や北陸付近は雨で、標高の高い所は雪になるでしょう。北海道や東北を中心に風が強まり、荒れた天気になることも考えられます。広く急に寒くなるでしょう。ただ、この予報には、大きな幅があります。今後、最新の気象情報をご確認ください。

この期間のはじめに、強い寒気が流れ込んだとしても、一時的でしょう。この期間は、西高東低の気圧配置は弱く、高温傾向です。

低気圧など気圧の谷の影響を受けやすく、度々広く雨が降ることがあるでしょう。降水量は、この時期としては多くなる予想です。

西高東低の気圧配置になり、初冬らしい寒さが続くようになるのは、12月に入ってからになりそうです。