今週末は日曜日に広い範囲で雨が降り、太平洋側では局地的に雨脚が強まるでしょう。風も強まり、荒れた天気となる所がありそうです。

18日(金)のポイント 広く晴れるも 北海道や東北は夕方以降に雨

画像A

あす18日(金)は、北と南に雨雲がかかりそうです。

北海道は天気が下り坂で、夜になると日本海側を中心に雨が降るでしょう。標高の高い所では雪になりそうです。東北の日本海側は早い所では夕方以降に雨が降り、雷を伴って一時的に降り方が強まることもあるでしょう。東北の太平洋側と新潟も夜は所々に雨雲がかかります。お帰りが夜になる方は雨具をお持ちください。

関東や北陸三県から中国、四国にかけては、日中は晴れる所が多いでしょう。最高気温は20℃前後の予想で、過ごしやすい陽気です。九州北部も午前中は晴れる所がありますが、午後は局地的に雨雲がかかりそうです。

九州南部と奄美は前線の影響により雨が降ったりやんだりで、奄美では雷雨となる所もあるでしょう。明け方まで局地的な激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。沖縄は明け方まで雨や雷雨の所がありますが、次第に晴れる見込みです。

19日(土)のポイント 西は天気下り坂

画像B

19日(土)は、北海道や東北の天気は回復に向かいます。北海道ではオホーツク海側を中心に雨や雪の降る所がありますが、日中は日の差す所が多いでしょう。東北も雲の広がる時間がありますが、日中は各地で晴れる見込みです。関東や北陸、東海はおおむね晴れる見込みです。

一方、近畿から九州北部にかけては、はじめ晴れますが、次第に雲が増えてきます。四国や九州北部では、午後になると所々で雨が降りだすでしょう。九州南部は雨が降ったりやんだりの一日となりそうです。沖縄は雲が多めながらも晴れ間がある見込みです。

20日(日)のポイント 太平洋側で雨や風が強まる

画像C

20日(日)になると、雨の範囲が北や東にも広がります。北海道や東北は次第に雨雲がかかるでしょう。関東や東海は一日を通して雨の降る所が多く、沿岸部を中心に雨脚が強まりそうです。風も強まり、荒れた天気となる所もあるでしょう。低気圧の進路や発達具合によっては、局地的に大雨となる恐れもあります。また、昼間も気温の上がり方は鈍く、寒い一日となるでしょう。暖かい服装でお過ごしください。

北陸や近畿は夜にかけて、四国は日中にかけて雨雲がかかるでしょう。中国地方や九州の雨は次第にやむ見込みです。沖縄はおおむね晴れるでしょう。

なお、低気圧の進路や発達具合によっては、雨の降る時間や降り方が大きく変わる可能性があります。最新の情報をご確認ください。