この先は晴れる日は長く続かず、短い周期で天気が変わりそうです。しばらく気温は平年より高めの日が続きますが、11月末になると寒気が流れ込み、一気に季節が進みそうです。

11月19日〜25日の天気

この先は、晴れる日もありますが、たびたび低気圧や前線の影響で、短い周期で天気が変わりそうです。

あす19日は高気圧に覆われるでしょう。北海道は午前中は雨や雪の所がありますが、次第にやむでしょう。東北から中国地方は日中は晴れて行楽日和になりそうです。九州は北部は午前中は晴れますが、次第に前線を伴った低気圧の影響で雲に覆われて、南部を中心に雨が降る見込みです。

あさって20日から21日にかけて本州の南を低気圧が進むでしょう。20日は西日本で雨が降り、次第に東に雨の範囲が広がる見込みです。21日は北日本も雨が降るでしょう。22日は晴れる所が多いですが、再び西から天気が下り坂となるでしょう。23日から24日は本州の南岸を低気圧が東に進み、西日本から北日本にかけて雨が降る見込みです。

沖縄地方は、23日頃までは大体晴れる日が続きますが、24日と25日は天気が崩れるでしょう。

11月26日〜12月1日の天気

画像B

26日と27日は東北から九州を中心に晴れて、行楽日和となるでしょう。暖かな日差しのもとで、紅葉狩りが楽しめそうです。

28日は全国的に雨が降り、この日を境に、29日頃から急に寒くなりそうです。この時期としては強い寒気が日本付近に南下する可能性があり、特に北海道では最高気温が0度から1度くらいまでしか上がらず、凍えるような寒さになるでしょう。九州なども日中は10度に届かないほど厳しい寒さになりそうです。北海道では30日から12月1日にかけて、雪が降る見込みです。本州でも峠道など標高の高い所で雪が降り、積雪となる可能性があるので、早めに車の冬装備などの準備をしておくようにしましょう。