あす土曜日19日は、東北から中国・四国、沖縄は大体晴れる見込みです。紅葉狩り日和となる所が多いでしょう。一方、あさって日曜日20日は、東日本と西日本の太平洋側を中心に雨が降る予想で、お出かけの予定はあす土曜日が良さそうです。

紅葉の見ごろを迎えている所は?

東日本や西日本では、紅葉のピークを過ぎた所があるものの、見ごろを迎えている所が多くなっています。
東京・明治神宮外苑では、いちょう並木の色づきが見ごろを迎えています。また、山梨県・河口湖畔のもみじ回廊も、全体的に紅葉が進み、見ごろとなっています。さらに、兵庫県の六甲有馬ロープウエーや、宮崎県の高千穂峡も、まさに今、見ごろを迎えている状態です。大阪管区気象台は、きょう(18日)いちょうの黄葉を観測しました。平年より4日早く、昨年より1日早い観測です。

一方、北日本では紅葉のシーズンが終了した所が多くなっています。函館地方気象台では、きょう、いちょうの落葉を観測しました。平年より10日遅く、昨年より7日遅い観測となりました。

画像B

土曜日 紅葉狩り日和に

画像C

あす土曜日(19日)は、本州付近は緩やかに高気圧に覆われる見込みです。東北から中国・四国にかけてと、沖縄は、広く晴れるでしょう。特に、東日本や西日本では紅葉狩りを楽しむことができそうです。
一方、北海道は、低気圧が通過するため、はじめ雪や雨の降る所があるでしょう。日中は次第にやんで、晴れ間の覗く所もありますが、雲の多い天気となりそうです。九州南部も、低気圧や前線の影響を受け、所々で雨が降るでしょう。九州北部も雲の広がる時間がありそうです。
最高気温は、北海道は6度〜10度くらいでこの時期らしい気温でしょう。東北は15度くらい、関東から九州は20度前後で、沖縄は27度くらいとなりそうです。東日本や西日本では日中は過ごしやすい陽気となる見込みです。ただ、朝晩と日中の気温差にはお気をつけください。

あさって日曜日(20日)は、本州の南を低気圧や前線が進むため、東日本や西日本では雲が広がりやすく、太平洋側を中心に雨が降るでしょう。沿岸を中心に荒れた天気となるおそれがあり、注意が必要です。北日本は晴れ間がある見込みです。
外出の予定は、あす土曜日が良さそうです。

服装選びの参考に

画像D

tenki.jpでは、「服装指数」を発表しています。体感には個人差がありますが、お出かけの際の服装選びの参考にしていただき、体調を崩してしまわないよう気をつけてお過ごしください。