今週末(19〜20日)の北海道は、すっきりしない天気になる所が多く、太平洋側を中心に雲が広がりやすくなりそうです。土日の天気を詳しく解説します、週末のお出かけの参考にしてください。

19日土曜日の天気

北海道付近は、気圧の谷が通過しますが、次第に高気圧が緩やかに張り出してくるでしょう。
19日土曜日は、午前中は雲に覆われ、道北や日高、十勝地方を中心に、湿った雪や雨の降る所がありそうです。一時的に降り方が強まり、特に十勝地方では平地でも積雪状態となる恐れがあります。車の運転は路面状況の変化に十分な注意が必要です。
午後には雪や雨はやみ、道央や道南方面などでは晴れ間の出る所もあるでしょう。午後は広い範囲で外出にもよい日和となりそうです。

日中の気温は、道北や道東方面で7度くらい、道央や道南方面は11度前後で、平年並みか3度ほど高くなります。風も弱い所が多いため、日中はそれほど肌寒さを感じなさそうです。

20日日曜日の天気

画像B

北海道付近には、東海上から高気圧が張り出し、南からは暖かく湿った空気が流れ込みやすくなります。
20日日曜日は、日本海側やオホーツク海側は日中にかけて時折晴れ間の出る所が多く、目立った天気の崩れはないでしょう。風も弱く穏やかで、行楽などの外出にもまずまずの一日となりそうです。
太平洋側は暖かく湿った空気の影響で雲に覆われ、胆振から十勝地方にかけての地域では午後を中心に弱い雨の降る所があるでしょう。気温が高めとなるため、降るものは雪ではなく雨となりそうです。

最高気温は広く11度前後で、道南方面では13度くらいまで上がるでしょう。全般に平年より5度ほど高く、日差しの出る地域では割合過ごしやすく感じられそうです。