雨予想だった今週末の天気は好天傾向となり、まずまずの行楽日和となりそうです。ただ、23日(水)勤労感謝の日は広く雨となるでしょう。強い寒気の南下は11月末からとなる見込みで、それまでに暖房器具や車の冬装備など万全にしておいてください。

今週末 まずまずの行楽日和

画像A

19日(土)の中国地方は、西日本の南の海上を進む低気圧の影響で多少雲の広がる時はあるものの、大体晴れる見込みです。
日中の最高気温は20度近くになる所が多く、過ごしやすい陽気でしょう。ただ、朝にかけては放射冷却現象がよく効き、冷え込む見込みです。内陸部を中心に朝と昼間の寒暖差が大きくなるため、体調管理にお気をつけください。

20日(日)は、気圧の谷や湿った空気の影響で、山陽を中心に雲の広がる時はありますが、天気の大きな崩れはなく、晴れたりくもったりでしょう。
週末はまずまずの行楽日和、洗濯、そうじ日和となりそうです。

23日(水) 勤労感謝の日は雨 荒れた天気になるおそれも

画像B

次に天気が崩れるのは、22日(火)から23日(水)となるでしょう。
22日(火)の夜には西日本の南岸付近へ前線を伴った低気圧が近づき、天気は下り坂へと向かう見込みです。23日(水)にかけて前線や低気圧の影響で雨が降り、荒れた天気となるおそれがあります。

11月末から12月初めは気温変化「大」

画像C

来週末も大体晴れる見込みです。この時季らしい冷たい空気に覆われて、気温はほぼ平年並みの所が多いでしょう。

28日(月)から29日(火)は気圧の谷や湿った空気の影響で雲が広がりやすくなり、雨の降る時がある見込みです。

11月ラストから12月はじめには寒気が流れ込み、最高気温は瀬戸内沿岸部でも10度以下と、一気に寒くなる可能性があります。突然の寒さで体調を崩さないよう、暖房器具などの準備を万全にしておいてください。また、車の冬装備も早めにしておくと安心です。