この先も天気は短い周期で変わり、23日(水)勤労感謝の日は荒れた天気の恐れ。東海や関東を中心に雨量が多くなる所もあるでしょう。この先2週間の天気と気温の傾向です。

1週目(21日〜27日)

画像A

21日(月)は九州や中国、四国はおおむね晴れるでしょう。近畿や東海、北陸は明け方まで、関東は午前中は雨が降る見込みです。東北や北海道は断続的に雨が降るでしょう。

22日(火)は晴れる所が多いですが、北海道には寒気が流れ込み、雨や雪が降る予想です。内陸部では積雪となる所もあるでしょう。車は路面状況の変化にご注意ください。

23日(水)勤労感謝の日から24日(木)は、低気圧が発達しながら日本付近を北東へ進むでしょう。23日(水)勤労感謝の日は、九州から雨が降り出し、次第に雨の範囲が東北まで広がりそうです。東海や関東を中心に活発な雨雲がかかり、雨量が多くなる恐れがあります。24日(木)も東北は雨が降るでしょう。また、東海から東北を中心に風が強まり、荒れた天気となる恐れがあります。最新の気象情報にご注意ください。

25日(金)以降は晴れる所が多いですが、27日(日)は西からまた天気が下り坂で九州から近畿で雨が降りだすでしょう。

沖縄は23日(水)勤労感謝の日からぐずついた天気になりそうです。

最高気温、最低気温ともに平年より高い日が多いでしょう。21日(月)からはこの時期としては厳しい寒さはない見込みです。

2週目(28日〜12月3日)

画像B

28日(月)は雨のエリアが東北まで広がるでしょう。29日(火)には天気が回復し、広く晴れますが、12月1日(木)頃はまた九州から東北で広く雨が降るでしょう。北海道は平地でも雪の降る日が多くなりそうです。沖縄はすっきりしない天気の日が多いでしょう。

最高気温、最低気温ともに12月1日(木)頃までは平年並みか高い日が多くなりそうです。2日(金)からは寒気が流れ込み、平年を下回る所が多いでしょう。朝晩は冷え込みが強まり、日中も本格的な寒さとなりそうです。

この先、天気は短い周期で変わるでしょう。11月下旬はこの時期としては気温は高めですが、12月2日(金)以降、グッと季節が進みそうです。体調管理にご注意ください。