メイン画像

この先1週間は、23日(水:勤労感謝の日)〜24日(木)は、広い範囲で荒れた天気になるおそれ。東海や関東など東日本中心に雨量が多くなる所も。関東などで日々の気温差が大きくなりそうです。

21日(月)〜22日(火) 日差し有効に

画像A

あす21日(月)は、九州〜中国・四国は朝から晴れるでしょう。近畿は明け方まで、東海は朝まで激しい雨や雷雨の所がありますが、日中は急速に天気は回復する見込みです。関東は、昼頃まで雨で、午後は内陸から次第に晴れ間が広がるでしょう。八丈島など伊豆諸島南部では、昼頃まで警報級の大雨のおそれがあるため警戒が必要です。東北は午前を中心に雨、北海道は断続的に雨で、夜遅くからは日本海側北部で雪やみぞれとなりそうです。

22日(火)は広い範囲で晴れますが、前線を伴った低気圧が近づく九州では、夜から雨の降りだす所がありそうです。

23日勤労感謝の日〜24日 荒天のおそれ

画像B

23日(水:勤労感謝の日)〜24日(木)は、低気圧が発達しながら本州付近を北東へ進む見込みです。23日(水:勤労感謝の日)は九州〜関東の広い範囲で雨で、次第に雨の範囲が東北まで広がりそうです。東海や関東など東日本を中心に活発な雨雲がかかり、雨量が多くなるおそれがあります。

24日(木)は、低気圧が本州の東海上で、かなり発達する予想です。北日本から東日本の太平洋側を中心に、強風や高波に注意・警戒が必要です。

低気圧の発達具合や動きにより、強い雨や風の時間帯や範囲が変わる可能性があります。最新の気象情報をこまめに確認して下さい。

25日(金)以降は、九州〜東北では晴れる所が多いですが、北海道は雨か雪の日が多くなりそうです。

関東 日々の気温差大

画像C

最高気温は、全国的に平年並みか高い所が多いですが、関東は日々の気温差が大きくなりそうです。

東京都心の最高気温をみると、きょうは13.7℃と12月上旬並みの寒さになりましたが、23日(水:勤労感謝の日)は、きょう20日より更に低い12℃と、12月中旬並みの予想です。気温のグラフのジグザグと大きく、日々の気温差が大となりそうです。

気温5℃で服装1枚分違う

画像D

一般的に、気温が5℃違うと、服装1枚分違うと言われます。

上図は気温と服装の目安です。気温が20℃を下回るとシャツにカーディガンを重ね着すると快適に。15℃を下回るとセーター、10℃くらいになるとトレンチコートが活躍します。さらに10℃を下回るようになるとコートが必要になります。

日々の気温差が大きくなります。重ね着など、うまく調節して、風邪をひかないようお気をつけ下さい。