23日は広い範囲で天気が崩れるでしょう。雨や風が強まりそうです。11月の終わりにかけては、23日を除いて、最高気温が平年を上回る日が多く、小春日和の日もあるでしょう。ただ、12月に入るとグッと季節が進み、本格的な冬へと突入しそうです。

11月22日〜28日の天気

あす22日は、北海道付近には寒気が流れ込み、午前中に雪の降る所もありそうです。東北の日本海側や北陸も雨が降るでしょう。一方、東北の太平洋側や関東から九州は、高気圧に覆われて大体晴れますが、九州は次第に湿った空気の影響を受けて、天気が下り坂となりそうです。

23日(勤労感謝の日)は低気圧が発達しながら本州付近を進む見込みです。九州から次第に東へと雨の範囲が広がりそうです。東海など東日本を中心に雨が強まるでしょう。24日には低気圧は発達しながら日本の東を北東へ進む見込みです。北日本では荒れた天気になるでしょう。関東は天気回復しますが、北風が強まりそうです。

25日以降は東北から九州は広く晴れるでしょう。28日は全国的に曇りや雨となりそうです。

沖縄地方は、22日は高気圧に覆われて大体晴れますが、23日から26日頃にかけて、日本の南に前線が停滞するため、曇りや雨の日が多いでしょう。

最高気温は、この1週間は、23日は平年を下回り、冷たい雨となりますが、その他の日は、平年並みか平年を上回る日が多いでしょう。晴れて日差しが暖かく、小春日和になる日もありそうです。

11月29日〜12月4日の天気

画像B

11月29日以降、北海道は本格的な冬に入るでしょう。最高気温は平年を下回る日が多く、30日以降は、最高気温が0℃に届かない真冬日が続きそうです。札幌など平地でも雪の降る日があるでしょう。東北も30日からは最高気温、最低気温ともに平年より低い日が多くなり、最高気温が5℃に届かない日もあるでしょう。東北の太平洋側でも雪の降る日がありそうです。いよいよ本格的な冬支度が必要になるでしょう。

関東から九州は、29日は平年並みか高い気温ですが、30日頃から平年並みの日が多くなりそうです。12月かけて、一気に季節が進むでしょう。特に3日は近畿や九州など西日本を中心に平年を下回り、特に福岡は最高気温が10℃に届かず、厳しい寒さになりそうです。この先寒暖差が大きく、体調も崩しやすくなりますので、体調管理には十分ご注意ください。