22日(火)の夜は九州や四国は次第に雨が降りだしそうです。23日(水)勤労感謝の日は雨のエリアが広がり、九州から東北の広い範囲で雨が降るでしょう。太平洋側を中心に雨脚の強まる所もありそうです。沿岸部を中心に風も強まるでしょう。

22日は西から天気が下り坂 23日は雨エリア広がる

22日(火)は西日本に前線を伴った低気圧が近づいてくるでしょう。九州は天気が下り坂で、夜は雨が降りだしそうです。四国も次第に雲が増えて、夜は所々に雨雲がかかるでしょう。

23日(水)勤労感謝の日は、前線を伴った低気圧が発達しながら本州の東の海上を進む予想で、雨のエリアが広がりそうです。九州は午前中、中国、四国から関東は日中も断続的に雨が降るでしょう。北陸や東北も昼頃から次第に雨が降りそうです。太平洋側を中心に雨脚が強まる所もあるでしょう。沿岸部では風も強まりそうです。お出かけの際は大きめで丈夫な傘があると良いでしょう。

24日(木)も北陸や東北は午前中を中心に雨が降りそうです。

小春日和 一転 冬の寒さも

画像B

22日(火)も日中は日差しが届き、最高気温は平年より高い所が多いでしょう。九州から関東では20℃以上で、昼間は上着がいらないくらいになりそうです。

画像C

23日(水)勤労感謝の日は、日中も雨で気温の上がり方は鈍くなる所が多いでしょう。最高気温は平年並みか低くなりそうです。中国、四国から東海でも20℃に届かない所が多く、大阪市や名古屋市は15℃くらいでしょう。関東や北陸は12℃ほど、東北では10℃くらいとなりそうです。東京都心は12月並みの寒さで、日中も厚手の上着が必要になるでしょう。

この先も日によって寒暖の差が大きくなりますので、体調を崩さないよう服装で上手に調節してください。