きょう22日(火)は、全国的にこの時期としては気温が高くなりました。東京都心は13日(日)以来、9日ぶりに20℃を超えて10月下旬並みの暖かさに。ただ、あす23日(水)は九州から東北では冷たい雨が降り、一気に冬の寒さの所も。

きょう22日は二十四節気の「小雪」 暦とうらはらに暖かく

きょう22日(火)は、二十四節気の「小雪」です。
初雪が降りはじめ、寒さがだんだん厳しくなる頃とされています。

きょう22日(火)は、朝から日が差した所が多く、暦と裏腹にこの時期としては暖かくなりました。
午後2時までの最高気温は九州から関東にかけて20℃前後まで上がり、日差したっぷりだった関東は、南部中心に軒並み20℃以上となりました。
東京都心は13日(日)以来、9日ぶりに20℃を超えて10月下旬並みの暖かさとなっています。

一方、東北や北海道の最高気温は、きのう21日(月)に比べると低かったものの、平年を上回った所が多くなりました。
ただ、北海道は朝よりも今の方が気温が低く、ぐっと冷え込んできています。午後2時の気温は、札幌市で4.7℃、旭川市2.9℃などと凍える寒さです。

あす23日(水)朝にかけては、放射冷却で北海道や東北北部は氷点下の冷え込みが続出するなど、北日本で厳しい冷え込みとなりそうです。このあとは万全な防寒対策でお過ごしください。

あす23日は冷たい雨 気温上がらず師走並みも

画像B

あす23日(水)は、九州から東北にかけて冷たい雨が降るでしょう。
局地的に雨や風が強まり、朝からあまり気温が上がりません。
あす23日(水)の最高気温は、東海や関東、東北の太平洋側できょう22日(火)に比べて5℃から10℃くらい低く、一気に寒くなるでしょう。
東京11℃(12月下旬並み)、仙台10℃(12月上旬並み)など師走並みの寒さです。

傘を持つ手がかじかむような寒さで、手袋なども欲しくなりそうです。暖かくしてお出かけください。

寒さは一時的 あさって24日には再び気温上昇

画像C

あす23日(水)は、東海、関東、東北では暖かいジャケットや冬物のコートが欲しくなるような寒さとなりますが、この寒さは一時的となりそうです。

あさって24日(木)には、九州から関東は晴れて最高気温が20℃くらいまで上がり、日中は長袖シャツやカーディガンなどで過ごせるような暖かさになるでしょう。25日(金)以降も、この時期としては、比較的暖かく感じられる日が多くなりそうです。

ただ、12月は寒気が南下しやすくなり、急に寒くなる日も出てくるでしょう。
ニットやコートなどの冬物はすぐに着用できるように整理しておきましょう。