きょう23日(勤労感謝の日)は、西から東へと雨の範囲が広がるでしょう。特に太平洋側の沿岸部で局地的に激しく降りそうです。関東甲信を中心に、22日(火)よりも大幅に気温がダウン。寒暖差が大きくなりますので、お出かけの際の服装や体調管理にご注意ください。

きょうの天気図

画像A

きょう23日(勤労感謝の日)は、低気圧が日本の南岸を東に進む見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、太平洋側の沿岸部を中心に、大気の状態が不安定となるでしょう。

きょうの各地の天気

沖縄は雨が降ったりやんだりで、特に昼前後は、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。
九州は午前中を中心に雨が降る見込みです。急な強い雨や落雷に注意が必要です。午後は次第に雨はやんで晴れ間の出る所もありそうです。

四国も夕方まで広く雨が降るでしょう。中国地方と近畿も雨が降ったりやんだりで、雷を伴う所がありそうです。東海や関東甲信も一日中冷たい雨が降り、傘が手放せないでしょう。特に太平洋側の沿岸部で、局地的に雷を伴って激しく降りそうです。東北は雲が多く、次第に雨が降り出すでしょう。

一方、北海道は高気圧に覆われて、大体晴れる見込みです。

きょうの最高気温

きょう23日(勤労感謝の日)の最高気温は、きのう22日(火)よりも低くなる所が多いでしょう。特に寒暖差が大きいのは関東甲信で、5℃から10℃も低くなる所がありそうです。東京都心は11℃の予想で、12月下旬並み、年末頃の寒さになりそうです。きのう22日(火)とはガラッと体感が変わりますので、お出かけの際の服装にご注意ください。

一方、四国、九州、沖縄は、きのう22日(火)ほどは上がらない所もあるものの、20℃以上の所が多いでしょう。平年より高く、10月下旬から11月中旬並みになりそうです。