11月いっぱいは高温傾向で、朝の冷え込みもこの時期としては弱い日があるでしょう。12月に入ると、急に冬本番の寒さになる見込みです。

あす24日 東北南部の太平洋側 海では暴風や高波に注意・警戒

画像A

あす24日は、低気圧が日本の東を発達しながら北東へ進むでしょう。本州付近は次第に高気圧に覆われる見込みです。

東北南部の太平洋側の海を中心に、北よりの非常に強い風が吹き、しける見込みです。暴風や高波に注意、警戒してください。
天気は回復に向かうでしょう。日中は日の差す所が多い見込みです。
広く朝の冷え込みはこの時期としては弱く、日中も季節外れの暖かさになりそうです。

25日〜30日 度々天気が崩れる

画像B

25日から30日、この期間は、天気は短い周期で変わるでしょう。
25日から26日は、大陸華南から南西諸島付近に前線が延びる見込みです。沖縄・奄美は雨が降り、大雨の恐れがあります。
26日は、日本付近を気圧の谷が通過し、広く曇りや雨でしょう。北海道では、雨は次第に雪に変わる見込みです。北海道や東北付近は、風が強まるでしょう。
27日は、高気圧に覆われて晴れる所が多い見込みです。ただ、サハリン付近で低気圧が発達するでしょう。北海道では雨雲がかかり、荒れた天気になる恐れがあり、28日にかけて雨は平地でも雪になることがある見込みです。

28日は、湿った空気の影響で、雨が降る所があるでしょう。

29日から30日は、低気圧や前線の通過で、広く雨が降る見込みです。雨は長く降り続くことはありませんが、雨脚が強まり、雷雨になることもあるでしょう。広く風も強まります。

11月の終わりの広い範囲での雨のあと、日本付近は西高東低の気圧配置になり、北海道や東北の日本海側、北陸では、しぐれの雪や雨になる見込みです。

この期間は、広く高温傾向です。雨が降る日は特に、朝晩の冷え込みは弱いでしょう。

12月1日〜6日 急に冬本番の寒さに

画像C

12月に入ると、天気傾向は、これまでとガラリと変わります。
12月1日から6日、この期間は、日本付近は冬型の気圧配置になりやすいでしょう。急に冷たい北風が吹くようになり、日本海で発生した雪雲が、北海道や東北を中心に流れ込む見込みです。北陸も雪になることがあるでしょう。

今シーズン初めて、西回りで強い寒気が流れ込む見込みです。上空1500メートル付近でマイナス6℃以下の寒気が、九州北部付近まで流れ込むでしょう。降水があると、平地で雪の目安の寒気です。雪が降らない地域でも、雪が降るほどの寒さになるでしょう。

これまで一時的に寒くなることはありましたが、12月に入ると、急に冬本番の寒さになり、寒さは数日続く見込みです。
暖房器具の点検など、冬支度をしておくとよいでしょう。