きょう23日は、広く雨が降り、日中も気温の上がり方は鈍くなりました。午後3時までの最高気温は大阪市で15.3℃、仙台市で8.7℃など今シーズンこれまでで一番低くなりました。東京都心は未明に15.3℃を観測しましたが、日中は10℃くらいで経過し、師走並みの寒さでした。

雨で気温ダウン

きょう23日は低気圧や前線の影響で、広く雨が降り、日中も気温の上がり方は鈍くなりました。

午後3時までの最高気温は福岡市は17.5℃と今シーズンこれまでで一番低くなりました。大阪市は15.3℃と昨日より4℃低く、こちらも今季これまでで最も低くなりました。仙台市は8.7℃と昨日より8℃も低く、12月中旬並みの寒さでした。

また、東海や関東では未明に最高気温を観測し、日中は気温が下がった所が多くなりました。名古屋市は未明に14.7℃を観測しましたが、日中は13℃前後で経過し、日中も厚手の上着が必要な寒さでした。東京都心は未明に15.3℃を観測したものの、日中は10℃くらいまで下がり、師走並みの寒さとなっています。

あすは暖かな陽気に

画像B

ただ、この寒さは一時的です。

あす24日は九州から東北にかけては明け方まで雨や雷雨の所がありますが、日中は太平洋側を中心に日差しが届くでしょう。最高気温は九州から関東は20℃くらいまで上がって、寒さは解消しそうです。東北は15℃くらいで、日差しのもとでは暖かく感じられるでしょう。