向こう1か月、気温は「平年並みか高く」、特に1週目は「平年より高い」見込みです。降水量は「平年並みか多く」、日照時間は「平年並みか少ない」傾向です。最新の1か月予報をもとに、予想される天候の特徴をまとめました。

1週目の気温は平年より高く 2週目からは平年並みに

画像A

きょう(24日)、沖縄気象台から向こう1か月間の見通しが発表されました。この期間の沖縄地方は、曇りや雨の日が多くなりそうです。

【1週目(11月26日から12月2日)】
気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすいでしょう。雲が広がりやすく、雨の降る日がある見込みです。暖かい空気が流れ込みやすく、気温は「平年より高い」でしょう。

【2週目(12月3日から12月9日)】
引き続き気圧の谷や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多い見込みです。気温は「平年並み」で、季節外れの暑さはおさまりそうです。

【3〜4週目(12月10日から12月23日)】
平年と同様に曇りや雨の日が多い見込みです。気温は「ほぼ平年並み」の予想で、師走らしい気温になるでしょう。

今週末・来週末の天気 曇りや雨の日多い あす25日(金)は大気不安定

画像B

今週末も天気は変わりやすいでしょう。あす25日(金)は、近海に発生する前線の影響で雨が降る見込みです。大気の状態が不安定となり、所々で激しく降ったり雷を伴うこともある見込みです。激しい雨や落雷、竜巻などの突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど身の安全を確保してください。

来週末(12月2日から4日)は、雨の降る所が多いでしょう。気温は平年より高く、最高気温は25度前後の見込みです。沿岸付近や海上では強風・うねりを伴う高波に注意してください。