メイン画像

関東はこの先も、天気が短い周期で変化します。来週中頃は荒れるおそれがあり、今後の情報に注意が必要です。また、週の後半は急に冬の寒さになります。

来週中頃は荒天のおそれ

画像A

あす27日(日)と週明け28日(月)は晴れますが、29日(火)〜30日(水)は天気が崩れる見込みです。29日〜30日は本州付近を前線が通過する予想で、このタイミングで関東にも雨雲がかかりそうです。

今のところの予想では、29日午後から30日の午前中に雨雲がかかる見込みです。ただ、オホーツク海を発達しながら進む低気圧の動向によっては、前線が活発化したり通過のタイミングがずれたりする可能性があります。

また、雨や風が予想よりも強まるおそれもあるため、今後の気象情報に注意が必要です。

12月は急に冬の寒さに

画像B

関東は来週の中頃の雨を境に、気温も大きく変化します。来週前半にかけては最高気温が20℃くらいの日もあって、平年よりも気温の高い状態が続きます。

一方、12月1日(木)以降は上空に強い寒気が流れ込む影響で、気温が一気に下がる見込みです。1日以降は日中も気温が15℃に届かないくらいです。

季節外れの暖かさから一転して、急に師走らしい冬の寒さが到来します。体調管理には十分注意して下さい。