メイン画像

29日の夜間は前線の通過に伴い短時間強雨に注意が必要です。その後は、師走の始めにかけて初雪の可能性があります。冬の装備を今一度確認して下さい。

まもなく初雪

30日(水)は、日本付近は冬型の気圧配置となる見込みです。北陸上空には、12/1(木)頃にかけて今シーズンこれまでで一番の寒気が南下するでしょう。上空約1500mには平野部で降雪の目安となる-6℃以下の寒気が流れ込み、概ね標高500m以上の山間部では積雪となりそうです。平野部での降水は、まだ雨が主体となる見込みですが、雨に雪が混じり初雪の観測となる所もありそうです。

週間予報 師走に入ると最高気温は一桁 一気に冬の寒さに

画像B

28日(月)は、高気圧に覆われて貴重な晴れとなる見込みです。有効活用して下さい。
29日(火)は、二つの低気圧が発達しながら日本海を進むでしょう。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。北陸地方では、この前線が通過する29日夜間を中心に雷を伴って雨脚が強まるでしょう。短時間の強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風には十分注意して下さい。
30日(水)は、冬型の気圧配置となるでしょう。北陸上空には12/1(木)頃にかけて、今シーズンこれまでで一番の寒気が南下する見込みです。現時点の予想では平野部は雨が主体となりそうですが、雨に雪が混じることもありそうです。また、海上では高波に警戒が必要です。
12/2(金)は、冬型は一旦緩む見込みです。
12/3(土)〜4(日)は、本州付近を次の低気圧や前線が通過するでしょう。その後は、再び冬型の気圧配置となり、北陸上空には次第に寒気が流れ込む見込みです。