きょう29日(火)の関東地方は、ランチタイムは所々で雨。南風が強まり、夜の帰宅時間帯は遅くなるほど横なぐりの雨に。終電が近づくにつれ、交通機関に影響のおそれも。いつまで警戒が必要?

雨・風強まる 台風並みの暴風のおそれ

画像A

きょう29日(火)の関東地方は、昼前から神奈川西部や東京都多摩地方など、西から雨が降り出しています。また、沿岸部を中心に、次第に南よりの風が強まってきました。横浜や千葉など沿岸部では、最大瞬間風速18メートル前後と、風に向かって歩きにくいくらいの強い風が吹いています。

このあと、ランチタイムは東京都心や神奈川など南部を中心に所々で雨。雨の範囲は次第に広がり、夜の帰宅時間帯は関東地方の広い範囲で雨。夜遅くなればなるほど、雨や風が強まり、千葉や神奈川など沿岸部を中心に雷を伴い、激しく降る所があるでしょう。沿岸部では、最大瞬間風速30メートルと、台風並みの暴風が吹くおそれがあり、海沿いの高速道路など影響が出るおそれ。大気の状態が非常に不安定となるため、落雷や竜巻などの突風に注意が必要です。

<風の予想>
29日〜30日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
関東地方南部の海上 20メートル(30メートル)
関東地方南部の陸上 18メートル(30メートル)
伊豆諸島      20メートル(30メートル)

<波の予想>
29日〜30日にかけて予想される波の高さ
関東地方南部  4メートル うねりを伴う
伊豆諸島    4メートル

荒天いつまで?

画像B

雨は、あす30日(水)の朝までに止む所が多いでしょう。千葉など沿岸部では、雷を伴い、激しい雨に注意が必要です。

あす30日(水)の朝まで南風が強く吹きますが、日中は北風に変わり、沿岸部を中心に強く吹く予想です。

きょう29日(火)は南風ビュービューで、予想最高気温は東京都心で20℃など、10月下旬並みですが、あす30日(水)は一転、北風に変わり、午後は気温急降下となりそうです。12月のスタートは晴れても、最高気温15℃以下。朝は10℃を下回り一桁の気温で、暖房が必要な寒さです。

日々の気温差に加え、一日の中でも気温差が大きくなるため、風邪をひかないようお気をつけ下さい。