今夜(29日)、雨の中心は東日本や北日本へ。東海や関東〜東北は本降りの雨で、関東など沿岸部では横なぐりの雨の所も。雨・風のピークは?あす朝の通勤時間帯に影響する所は?

活発な雨雲 東海・関東〜東北へ

画像A

きょう29日(火)は、前線や低気圧の影響で、九州〜北海道にかけて広い範囲で雨が降っています。日中は、西日本を中心に活発な雨雲がかかり、鹿児島県鹿屋市吉ケ別府で1時間に51.0ミリ(11月1位更新)など、滝のような非常に激しい雨が降りました。

午後は次第に雨の範囲が東や北へ移ってきました。三重県熊野市では16時までの1時間に21.0ミリと、土砂降りとなっています。

今夜(29日)は、東海や関東〜東北で本降りに。雨のピークは、今夜(29日)遅く〜あす(30日)未明にかけてとなりそうです。特に、東海や関東の沿岸部では、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。風も強く、あす30日(水)にかけて、千葉や神奈川など沿岸部を中心に、最大瞬間風速30メートルと、台風並みの暴風が吹くおそれも。沿岸部では高波にも注意・警戒が必要です。

あす30日の朝 通勤時間帯は?

画像B

東海・関東〜東北の雨は、あす30日(水)の明け方には止む所が多いでしょう。千葉など東部沿岸部では、昼前まで雨の降る所がありそうです。

きょう29日(火)は南風が強まりましたが、あす30日(水)は北風に変わり、各地で気温が急降下となります。最高気温は、福岡11℃など、きょうより10℃以上低くなりそうです。東京都心は21℃予想ですが、夜から気温がグッと下がる見込みです。

きょう29日(火)とあす30日(水)で、天気も気温もガラッと変わります。風邪をひかないよう、ご注意下さい。