きょう12月のスタートは一気に冬本番の寒さとなりましたが、この寒さは長続きしない見込みです。年末年始にかけて、比較的暖かく感じられる日もあるでしょう。日本海側の雪の量は、平年に比べて少なくなる所もありそうです。

この先1か月 寒さ長続きせず

画像A

きょう12月のスタートは一気に冬らしい寒さとなりました。
ただ、この寒さはいったんあす2日(金)までで、その後は長続きしない見込みです。

この先一か月、寒気の影響を受けにくく、特に関東など東日本で、気温が平年より高い予想が出ています。

気温は、1週目は、東日本と沖縄・奄美で平年よりも高い予想、北日本は平年並みでしょう。
2週目は、東日本で平年並みか高く、西日本、沖縄・奄美、北日本で平年並み。
3週目は東日本、西日本、沖縄・奄美で平年並みか高く、北日本は平年並みでしょう。

1週目(12月3日〜12月9日)  太平洋側で雨の日多く

1週目(12月3日〜12月9日) は、北日本では、日本海側を中心に雪の降る日が多く、冬らしい寒さとなるでしょう。

東日本や西日本は、日本海側は冬らしく、しぐれたり、時々雪がまじることもある見込みです。
太平洋側は低気圧や前線の影響を受けて、冬晴れが少なく、平年に比べて雨の降る日が多くなりそうです。冷たい雨になる日もあり、寒暖差が大きくなるでしょう。

沖縄・奄美は、曇りや雨の日が多く、すっきりしない天気になりそうです。沖縄地方では、11月の降水量が各地で平年を上回り、宮古島市平良で平年の5倍以上になるなど、記録的な多雨となっています。この先もまだ多雨と日照不足の傾向が続きそうですので、農作物の管理などにご注意ください。

2週目(12月10日〜12月16日) 冬の天気分布 日本海側は雪 太平洋側は乾燥した晴れ

2週目(12月10日〜12月16日)は、冬の天気分布になりやすい見込みです。
日本海側は寒気の影響で、雪や雨が降りやすいでしょう。きのう30日からきょう1日にかけてのように、積雪が一気に増える日もありそうです。雪の情報に気を付けて安全にお過ごしください。

太平洋側は乾燥した冬晴れが続くでしょう。空気が乾燥した日が続くと、インフルエンザの患者数も増えやすくなりますので、うがいや手洗いなどを習慣づけたり、部屋の中でも加湿器を使用するなど、注意をしてください。

3〜4週目(12月17日〜12月30日)  年末にかけて気温高め

3〜4週目(12月17日〜12月30日) は、北日本は平年通り、冬らしく日本海側を中心に雪の降る日が多く、12月らしい寒さになるでしょう。これからますます積雪が増える季節、なだれや屋根からの落雪などにも注意が必要です。

比較的寒気の影響を受けにくい東日本、西日本、沖縄・奄美では気温が平年並みか平年よりも高い見込みです。
北陸から山陰、九州北部などの日本海側も雪の量は少ない見込みで、影響は受けにくいでしょう。
クリスマスや年末年始も、この時期としては、お出かけしやすい暖かな日が多くなりそうです。

ただ、周期的には寒気が南下してきます。帰省など移動の多い季節、雪の情報には気をつけるようにしてください。

【北日本】北海道・東北
【東日本】関東甲信・北陸・東海
【西日本】近畿・中国・四国・九州