中国地方は強い寒気の流れ込みは弱まりますが、あす3日(土)の朝の冷え込みは厳しく、内陸部は氷点下の冷え込みとなるでしょう。次の雨は4日(日)の午前中となり、その後は断続的に寒気が流れ込む見込みです。

週末の天気

画像A

【3日(土)朝は内陸部で氷点下の冷え込みに】
今朝(2日(金))は、寒気の影響で今季一番の冷え込みとなった所が多かった中国地方ですが、あすの朝は更に冷え込みが厳しくなるでしょう。
きょう2日(金)午後からは冬型の気圧配置がゆるみ、あすの日中は移動性高気圧が中国地方を進む見込みです。
天気は回復に向かい、2日(金)夜からあす3日(土)の日中いっぱいは晴れるでしょう。3日(土)の朝は放射冷却現象がよく効き、内陸部は軒並み氷点下の冷え込みとなる見込みです。
日中の最高気温は内陸部で10度前後、沿岸部は14度前後で、冷たい季節風もおさまるため日差しのぬくもりが感じられるでしょう。
なお、3日(土)夜は気圧の谷や湿った空気の影響で、西部で雲が広がりやすくなる見込みです。

【4日(日)午前中は雨 午後は弱いながらも寒気が流れ込む】
4日(日)の午前中は気圧の谷や湿った空気の影響で雨が降る見込みです。午後は日本海から寒気が流れ込み、雲が広がりやすいでしょう。
朝の強い冷え込みはないですが、日中は風が冷たく感じられそうです。

週間天気 寒気は断続的

画像B

来週は、はじめと終わりに寒気が流れ込み、山陰や山陽北部で雲が広がりやすく、雨の降る所があるでしょう。標高の高い山地では一部雪になるで見込みです。
山陽南部は晴れたりくもったりでしょう。

気温は、平年並みの日が多く、この時季らしい寒さが続く見込みです。