あす(22日)は関東が4月並みの陽気に。一方、沖縄が真冬並みの寒さに。東京の方が那覇より気温が高い予想。

あす(22日)の全国の詳しい天気と予想最高気温

関東地方に雪をもたらした低気圧が、あす(22日:木曜)は三陸沖に進む見込みです。
【あすのポイント】
広い範囲で雨(雪の所も)や曇り
東北の太平洋側で湿った雪で大雪の恐れ
風がやや強めに吹く
きょう(21日:水曜)との気温差が大きくなる所も
【予想気圧配置】
前線を伴った低気圧が発達しながら三陸沖を北上する見込みです。
【あす(22日:木曜)の全国の天気〜西から詳しく〜】
沖縄は昼過ぎにかけては曇り空で、晴れるのは夕方以降になるでしょう。九州は朝まで所々で雨や雷雨ですが、昼頃からは日差しの出る時間もある見込みです。四国と山陽は明け方まで雨の降る所がありますが、昼前からは太平洋側で時々日が差すでしょう。山陰と北陸は一日を通して雨が降る見込みです。近畿と東海は昼頃まで雨が降るでしょう。通勤時間帯の朝にカミナリを伴って雨脚の強まることもある見込みです。雨の降り方にご注意下さい。関東甲信は昼頃まで雨(山沿いや内陸部は雪の所も)ですが、午後は晴れ間もあるでしょう。東北は雨か雪で、低気圧の進路に近い太平洋側は湿った雪で局地的な大雪の恐れがあります。強い風で湿った雪が電線や樹木に付着することもあるでしょう。北海道は日本海側とオホーツク海側は昼頃まで晴れる見込みです。北海道の太平洋側西部は昼頃から雨か湿った雪が降り、太平洋側東部は夜に雪でふぶくでしょう。
なお、全国的に風が強まるため、雨や雪の降る所では傘が差しづらくなることもあるでしょう。大きめで丈夫な傘を持つのが良さそうです。
【あす(22日:木曜)の全国の最高気温〜西から詳しく〜】
沖縄は20度に届かず、那覇は17度で真冬並みでしょう。九州南部と四国の太平洋側は15度くらい、九州北部や四国の瀬戸内側、中国地方は10度前後で2月並みの所が多い予想です。北よりの風が強く、実際の気温よりも寒く感じられるでしょう。近畿や東海、北陸は13度前後の予想です。雨や風の影響で空気が冷たく感じられそうです。関東甲信は17度前後まで上がるでしょう。真冬の寒さだったきょう(21日)とは一転、日差しは少なくても春の暖かさが戻ります。きょう(21日)との気温差が大きくなるため、体調を崩さないようにお気をつけ下さい。東京都心は18度まで上がり、桜も満開へ向けて咲き進むでしょう。東北南部は8度前後で、きょう(21日)より5度以上高くなる見込みです。東北北部5度前後で平年よりやや低いでしょう。北海道は5度前後で平年並みか、平年よりやや高い予想です。