この先は季節先取りの暖かさが続きそうです。特に今週は西日本と東日本では最高気温が20℃前後まで上がる予想です。桜のつぼみの成長が進む一方、雪どけによる災害や花粉の大量飛散には注意が必要です。

1週目6日〜12日 天気は短い周期で変化

画像A

この先のポイントは「気温」です。季節先取りの暖かさが全国的に続く予想です。特に今週は九州から関東にかけて、最高気温が20℃前後まで上がる予想です。では、詳しく見ていきましょう。

あす6日(月)は、日本付近は東西に広く勢力を広げた高気圧に覆われる見込みです。全国の広い範囲で晴れるでしょう。ただ、関東は高気圧と高気圧の間の気圧の谷になり、午前を中心に雨が降りそうです。お出かけの時間帯は傘が必要になるでしょう。

あさって7日(火)は、関東の天気も回復して、全国的に晴れるでしょう。この晴れの天気は8日(水)まで続きそうです。

9日(木)は、気圧の谷が西から進んできて、九州から雨が降り出し、夜になると東海まで雨の範囲が広がる見込みです。また、日本海には低気圧が発生して東北や北海道に近づくでしょう。10日(金)は、北海道から東北、北陸で雨が降るでしょう。標高の高い所では雪ですが、平野は雨の所が多くなりそうです。

11日(土)は、北海道や東北の雨も朝までで、日中は天気が回復してくるでしょう。関東から九州は晴れそうです。

12日(日)は、春の天気の特徴らしく、変化が早いでしょう。西からは次の気圧の谷が近づき、九州では天気が下り坂となりそうです。

春本番の暖かさ

画像B

最高気温、最低気温ともに平年を上回る日が多く、8日(水)以降は関東から九州で最高気温が20℃前後まで上がるでしょう。北陸や東北も15℃以上、北海道も10℃に迫る予想です。各地とも4月並みと春本番の暖かさとなるでしょう。

上空の気温の予想を見ても、上空1500m付近では0℃の線が北海道付近まで北上しています。この時期の札幌の気温が大体マイナス10℃くらいなので10℃近く高い予想です。

この季節先取りの暖かさで、雪が多く残る地域では、雪どけが進むでしょう。なだれや屋根からの落雪、川などの増水に注意が必要です。また、日中は上着がいらないくらいですが、朝晩はこの時期としては暖かいと言っても、ひと桁まで下がります。脱ぎ着しやすい服装にするとよさそうです。

2週目13日〜18日 春の嵐か?

画像C

13日(月)から14日(火)にかけては、雨や風に注意が必要です。日本付近を通過する前線と日本海に発生する低気圧が発達しながら北上するため、春の嵐となる可能性があります。この前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、雨の降り方が強まる所や雷雨、横殴りの雨になる所があるでしょう。まだ、予報は変わる可能性はありますが、今後の情報にご注意ください。

15日(水)以降は、九州から関東は高気圧に覆われて、晴れの天気が続くでしょう。雨上がりの15日(水)は花粉が多く飛びそうです。花粉飛散のピークは今年は長い予想ですので、引き続きご注意ください。北陸や東北、北海道は、短い周期で気圧の谷が通過する影響で、雨や雪の降る日があるでしょう。

桜の開花の便り届くか?

画像D

気温は、1週目と比べると落ち着きますが、3月中旬らしい気温となるでしょう。最高気温は九州から関東は15℃前後、北陸、東北は10℃を少し超えるくらい、北海道は5℃くらいの予想です。

日本気象協会が3月2日に発表した最新の桜開花予想によると、全国で一番最初に桜が開花するのは、福岡と高知で14日(火)、東京は18日(土)です。平年と比べても今年は全国的に早く、桜の便りが続々と届くかもしれません。