きょう13日は、前線の通過に伴い関東周辺から北海道で雨が降っており、本州でも標高の高い所では雪になっています。前線通過後は寒気が流れ込むため、雪のエリアが一時的に広がることも考えられます。峠道の車の運転は路面状況の変化に注意が必要です。

前線通過により発達した雨雲かかる 山は雪の所も

画像A

きょう13日は、寒冷前線が本州を通過中で、南北に延びる雨雲が関東周辺から北海道にかかっています。ザーザー降りとなっている所もあり、午前11時までの1時間雨量は静岡県南伊豆町の石廊崎で13.5ミリ、伊豆市の天城山で11.5ミリ、神奈川県箱根町と相模原市中央区で9.5ミリです。多くの所では雨ですが、本州でも標高の高い所では雪になっているようです。

局地的な強い雨に注意 標高の高い所は路面状況の変化に注意

画像B

画像C

前線の動きが早いため、雨の時間は比較的短いものの、局地的に発達した雨雲がかかるでしょう。関東甲信と東北では夕方にかけて雨が降り、雷を伴って雨脚の強まる所がありそうです。

前線が通過した後は一時的に冬型の気圧配置に変わり、寒気が流れ込みます。関東北部、北陸、東北の標高の高い所では夜にかけて雪が降るでしょう。長く降り続く雪ではないものの、峠道の車の運転は念のため路面状況の変化や凍結に注意が必要です。