けさ(14日)は、西日本を中心に真冬並みの冷え込みとなり、福岡は2.7℃と震える寒さに。日中はたっぷりの日差しのもと気温上昇。平年より高い所が多く、西日本では20℃近くまで上がる所も。朝と日中の寒暖差大。重ね着など服装でうまく調節を。

けさ 真冬並みの冷え込みの所も

連日、季節先取りの暖かさが続いていた日本列島ですが、きのう13日(月)に寒冷前線が列島を通過した後、冷たい空気に入れ替わりました。きょう14日(火)朝は、西日本を中心に真冬並みの冷え込みとなり、冬日(最低気温が0℃未満)地点は6日ぶりに300地点を超えました。

14日午前9時までの最低気温は、福岡2.7℃、大分0.9℃、米子マイナス0.1℃、松山2.6℃など、軒並み3℃以下で、震える寒さ。大阪4.5℃や名古屋5.0℃も5℃以下と、ダウンコートが必須の気温となりました。

東京都心は7.1℃と、6日ぶりに8℃を下回り、ヒンヤリした朝となりました。

日中は気温アップ 4月並みの所も

画像B

朝は冷え込みましたが、日中はたっぷりの日差しのもと気温は上昇。最高気温は、九州から東海は15℃以上、福岡は19℃と4月上旬並みの予想です。東京は14℃ですが、これで平年並みです。仙台の12℃は3月下旬並みと、平年より2℃くらい高い見込みです。

朝と日中の気温差が、福岡などでは15℃以上と大きくなります。重ね着など、服装でうまく調節しましょう。

気温と服装の目安

画像C

上の図は、気温と服装の目安です。一般的に、気温が10℃を下回ると冬物コート、5℃を下回るとダウンコートが必須となります。一方、気温が15℃を超えると、カーディガンなど軽めの羽織る物で過ごせ、20℃を超えるとシャツ1枚で快適に過ごせると言われています。

気温5℃で洋服1枚分違うため、朝と日中で15℃違うと3枚分違ってきます。重ね着など、服装でうまく調節しましょう。