メイン画像

九州は、続々と桜の開花の便りが届いています。今週後半は前線の影響を受けやすく、天気がぐずつく見込みです。その後も天気の変化が早くなりますので、お花見の計画などは最新の天気予報を確認しましょう。

九州 次々と桜の開花

画像A

九州は続々と桜の開花の便りが届いています。

18日は福岡市(平年より4日早い)、19日は宮崎市(平年より4日早い)、21日は長崎市(平年より2日早い)、そしてきょう22日は佐賀市(平年より2日早い)、熊本市(平年と同じ)で、ソメイヨシノが開花しました。平年より早く咲いている所が多くなっています。

今週このあと、さらに桜が開花する所が多くなるでしょう。

22日 夏日になる所も

画像B

きのう21日は、九州は各地でまとまった雨が降りましたが、きょう22日は前線が九州南岸付近へ南下し、活動が弱まっています。

きょうの九州北部は日中晴れ間がでますが、夜は雲が多くなり、次第に雨が降り出す見込みです。九州南部は雲が多く、夕方から夜は雨の所が多くなるでしょう。
日差しがでる九州北部は気温が上がり、最高気温は佐賀市で25度など、内陸部は夏日が現れるなど、5月並みの陽気になりそうです。

今週は菜種梅雨

画像C

あす23日は低気圧が対馬海峡付近を通過し、前線が九州を南下するでしょう。九州各地で雨となり、鹿児島県は雷を伴い局地的に激しく降る所がある見込みです。
週末にかけても前線や湿った空気の影響を受けて、天気がぐずつき、菜種梅雨となるでしょう。
来週27日(月)以降は高気圧に覆われて晴れる見込みです。開花の早かった福岡や宮崎などは、お花見にはよさそうです。ただ、来週初めは一時的に冷たい空気が流れ込み、弱い寒の戻りになりますので、夜桜見物などは十分に暖かくしてお出かけください。

天気周期変化

画像D

30日(木)から4月初めは、天気が短い周期的で変わる見込みです。

3月終わりから4月初めにかけて、九州の桜は見頃を迎える所が多くなりますが、天気の変化が早くなりますので、お花見などは最新の気象情報をご確認下さい。