関東は雨が続いていますが、27日(月)以降は晴れ間が広がり、ようやくお花見日和になるでしょう。ヒノキ花粉がピークで花粉は連日「非常に多い」飛散となる予想です。花粉症の方は万全な対策を。

本降りの雨が続く

画像A

関東は前線の影響で、雨の降る日が続いています。東京都心は4日連続で一日の雨量が10ミリ以上となり、日照時間も4日連続で2時間未満となっています。関東では桜が見ごろを迎えていますが、お花見にはあいにくの天気が続いています。

今夜も雨が降り続き、沿岸部では雨脚の強まる所もあるでしょう。

月曜以降は晴れる日多い お花見日和に 次の週末は所々で雨

画像B

27日(月)は前線はいったん南下するでしょう。関東は日差しが届きそうです。ただ、夜は湿った空気の影響で雨の降る所があるでしょう。夜桜見物などには折りたたみ傘をお持ちになると良さそうです。

28日(火)から31日(金)はおおむね晴れるでしょう。青空のもとお花見を楽しめそうです。

ただ、4月1日(土)から2日(日)は前線上に低気圧が発生し、本州の南を進むでしょう。関東は雲が広がり、2日(日)は雨の降る所が多くなる見込みです。次の週末は東京など桜が見ごろを過ぎてしまう所もありますので、お花見は早めが良さそうです。

最高気温は平年並みか高い日が多くなるでしょう。このところ夏日になったかと思えば、冬のような寒さが戻ったりと日によって寒暖差が大きくなりましたが、この先は極端な気温差はなく、日中は春本番の暖かさの日が多くなりそうです。

ヒノキ花粉がピークに 万全な対策を

画像C

きょう26日(日)も雨で花粉の飛散は抑えられています。27日(月)以降は晴れ間がでて、花粉の飛散量は連日「非常に多く」なる予想です。

関東では、スギ花粉のピークは3月いっぱいまで続くでしょう。ヒノキ花粉のピークは4月中旬にかけて続く予想で、花粉症の方は、まだしばらく万全な対策が必要です。