台風25号は4日から5日にかけて沖縄の先島諸島に近づく見込みです。その後は次第に進路を東寄りに変え、本州付近にも影響が出てきそうです。

台風25号、沖縄へ

猛烈な台風25号はきょう(2日)午後3時現在、フィリピンの東を北西へ進んでいます。衛星画像をみると目がくっきりとしていて、かなり発達しているのがわかります。あすには勢力が「非常に強い」になりそうですが、木曜日(4日)から金曜日(5日)にかけて非常に強い勢力を保ったまま先島諸島に近づく見込みです。
先島諸島では、すでにうねりを伴って波が高くなっている所があります。沖縄地方の沿岸ではあす(3日)にはしける見込みで、台風の進路によっては大しけとなる恐れがあります。さらに台風が近づく木曜日(4日)から金曜日(5日)頃にかけては大しけや猛烈なしけとなるほか、台風本体の雨雲がかかり、大雨や暴風になる恐れもあります。台風24号に続いて非常に強い勢力での接近となるため、十分な警戒が必要です。

本州付近にも影響か

画像B

台風25号の5日先進路予想図をみると、東シナ海で次第に進路を東寄りに変える予想となっています。和歌山県に上陸した台風24号に比べると少し西にふくらんで大回りをしそうですが、週末の土曜日(6日)から日曜日(7日)頃になると九州に近づく恐れもあり、本州付近にも影響が出てきそうです。また秋雨前線が本州付近に停滞し、台風からの湿った空気で活動が活発になる可能性もあります。これまでの台風や大雨で被害が出ている地域で、また大雨になるかもしれません。台風の予報円が大きくまだ予想に幅がありますので、必ず最新の情報を確認して、万が一に備えて十分な対策をなさってください。