ゴールデンウィークもいよいよ終盤。気になる北海道の週末にかけての天気と気温を詳しく解説します。

6日(土)にかけての天気 まとまった雨の恐れも

今日(5日)の北海道付近には、緩やかに高気圧が張り出していますが、夜には前線を伴った低気圧が日本海に近づきます。明日(6日)は、前線を伴った低気圧が北海道の南を通過するでしょう。

今日(5日)午後は、西から次第に雲が広がりやすくなるでしょう。夕方には渡島半島周辺から雨が降り出し、夜にはその他の道南方面や道央、上川、十勝地方でも雨が降りやすくなりそうです。
明日(6日)の朝にかけて全道各地で雨となり、道南方面を中心に降り方が強まることもあるでしょう。一連の雨量は、山沿いなど多い所で50ミリ〜60ミリくらいとなる見込みです。

なお、雨はそれほど長続きせず、6日昼前には西から次第にやんでくるでしょう。日中は道央や道南方面、道北などで広く晴れ間や日差しが戻る見込みです。特に午後は、お花見や行楽にもまずまずの日和となるでしょう。

7日(日)の天気 ゴールデンウィーク最終日は外出日和に

7日(日)の北海道付近には、緩やかに高気圧が張り出すでしょう。しかし、上空の寒気は居座る見込みです。

7日(日)は、全道的に晴れ間が出て、日中にかけては日差しに恵まれるでしょう。風も全般に弱く穏やかで、お花見や行楽などにもよい日和となりそうです。なお、上空の寒気の強まり方によっては、山沿いでにわか雨となる可能性もあるため、峠越えの際などは天気の急変に注意してください。

週末は気温が低めになりそう

明日(6日)から上空に寒気が流れ込むため、各地で気温の上がり方が鈍くなるでしょう。6日と7日の最高気温は広く11度前後で、道北や道東方面では一桁にとどまる所も多くなる見込みです。さらに、風向きは北よりになるため、風を受けるとより一層空気がひんやりするでしょう。
日差しが戻っても風が冷たく感じられる所もあるため、外出の際は上着を持つなど、服装選びに注意してください。