きょう3日も、最高気温は東京都心で35℃近くまで上がるなど、広く真夏の暑さになりました。向こう一週間は、広く雨が降る日もあり、猛烈な暑さが続くことはないでしょう。それでも、しばらく日中は蒸し暑い日が続きそうです。

真夏の暑さ 近畿で37℃台も

きょう3日も、日本付近は暖かい空気に覆われました。
午後4時までの最高気温は、全国で最も高かったのは、大阪府豊中市で37.3℃、次いで京都市で37.2℃でした。

主要都市では、札幌市29.8℃、仙台市32.0℃、東京都心34.6℃、大阪市36.4℃で、いずれも平年より5℃ほど高くなりました。福岡市は33.0℃で平年より2℃ほど高くなりました。

日中の暑さしばらく続く

画像B

向こう一週間は、本州付近に暖かく湿った空気が流れ込みやすいでしょう。広く雨が降る日が多い見込みです。猛烈な暑さが続くことはなさそうです。ただ、最高気温は、九州から東海を中心に30℃以上の日が続く所が多い見込みです。関東も30℃以上の日が多いでしょう。蒸し暑い日が続きますので、こまめな水分補給など、熱中症対策が必要です。

次の週末は朝晩に秋の気配

画像C

次の週末は、これまでと違い、朝晩に秋の気配を感じられそうです。最低気温は九州から北陸でも、25℃を下回るようになるでしょう。