関東では線状降水帯が発生し、非常に激しい雨が降っています。台風13号は今夜8日、東日本にかなり接近する予想です。台風から離れた場所でも湿った空気の影響で大雨となるため、油断することなく土砂災害や川の増水・氾濫などに厳重に警戒してください。

台風13号 今夜東日本に接近

台風13号は、きょう(8日)午後3時現在、静岡県御前崎市の南南西約180キロをゆっくりした速さで北東へ進んでいます。中心の気圧は1000ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルです。台風は今後も東海道沖をゆっくり北東に進み、あす(9日)未明までに熱帯低気圧に変わる見込みです。
ただ、暖かく湿った空気が流れ込む影響で、東日本や北日本の太平洋側では、あす(9日)にかけて大気の状態が非常に不安定でしょう。

午後6時現在、活発な雨雲が茨城県にかかっています。線状降水帯が発生し、県内では非常に激しい雨が同じ場所で降り続いています。
午後3時以降、茨城県には「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表され、鹿嶋市、鉾田市、茨城町、水戸市、大洗町、東海村ではレーダーの解析で、それぞれ1時間に100ミリの猛烈な雨が降りました。
降り続く大雨により地盤の緩んでいる所があり、「土砂災害警戒情報」が、午後6時現在、茨城県、千葉県、伊豆諸島、福島県のそれぞれ一部の市町村に発表されています。

あす(9日)にかけて関東甲信や、台風(熱帯低気圧)から離れた東北でも、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。
また、北海道の太平洋側でも、低気圧や暖かく湿った空気の影響で、あす(9日)朝からあさって(10日)にかけて、断続的に激しい雨や雷雨があり、大雨となりそうです。

台風から離れていても大雨に警戒

画像B

あす(9日)午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
関東北部と南部、東北の太平洋側で    150ミリ
東北の日本海側と北海道の太平洋側西部で 100ミリ
東海、伊豆諸島、北海道の太平洋側東部で 60ミリ となっています。

なお、北海道の太平洋側東部では、その先もさらに雨の量が多くなる予想です。

きょう(8日)予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
関東で 20メートル(30メートル)です。

きょう(8日)予想される波の高さは、うねりを伴い、
伊豆諸島で  5メートル
関東と東海で 4メートル です。

土砂災害の前触れは

画像C

台風や周辺の活発な雨雲により、大雨の恐れがありますが、大雨によって土砂災害が発生する時には、前触れとなる現象があります。いざという時のために、ぜひ覚えておいてください。

1つめは、がけや地面にひび割れができることです。
2つめは、木が裂ける音や石がぶつかり合う音が聞こえたり、土のにおいがしたりすることです。
3つめは、井戸や川の水、湧き水が濁ることです。湧き水が止まる場合も、前触れの一つです。
4つめは、がけや斜面から水が湧き出たりすることです。

そのほか、小石がバラバラと落ちてくる、地鳴りや山鳴りがする、雨が降り続いているのに川の水位が下がる、樹木が傾く、などがあります。このような時は、土砂災害の危険が高まっています。すぐに周りの人に声をかけて、安全な所へ避難してください。