きょう18日・敬老の日は、午後ほど大気の状態が不安定。九州から東北では、雷の発生確率が高く、天気急変のおそれ。屋外のレジャーは、空模様の変化に気をつけて。

雨雲が発達しやすい

きょう18日・敬老の日は、秋雨前線が東シナ海から日本海、北海道付近に停滞し、前線上の低気圧が北海道付近を通過するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となりそうです。

午後3時の発雷確率は、九州北部から東北南部にかけて、黄色やオレンジ色の所があります。地上付近の気温が上がるため、午後ほど雷が発生する確率が高く、雨雲が発達しやすいでしょう。

山沿いを中心に天気急変のおそれ

画像B

きょう18日・敬老の日は、九州から東海、北陸、東北では晴れ間があっても、あちらこちらで雨が降るでしょう。平野部でも雨脚が強まり、激しく降るおそれがあります。雨雲レーダーなどで、最新の情報を確認しましょう。

関東甲信は晴れますが、午後は山沿いを中心に急な激しい雨や雷雨にご注意ください。群馬県や栃木県では、局地的に滝のような「非常に激しい雨」が降りそうです。

北海道は北部を中心に雨や雷雨となり、風も強まるでしょう。

上流のゲリラ豪雨(局地的な大雨)を知るには

画像C

ゲリラ豪雨(局地的な大雨)の前兆となる現象は、大きく3つ挙げられます。
「真っ黒な雲が近づいてきた」「雷の音が聞こえてきた」「急に冷たい風が吹いてきた」。このような前兆を感じたら、すぐに安全な所へ避難してください。

ゲリラ豪雨(局地的な大雨)によって危険な状態になるのは、自分のいる所に雨雲がかかる場合だけではありません。川の上流でゲリラ豪雨が発生すると、雨が降っていない下流でも、被害が発生する恐れがあります。

上流のゲリラ豪雨を知るポイントは3つ。1つめは、川の水かさが急に増えること。2つめは、川の水が濁ること。3つめは、木の枝などが流されてくることです。また、サイレンはダムを放流する合図なので、川のそばにいて、サイレンを聞いた場合も、必ず川から離れてください。