今朝にかけて関西では大阪や神戸で6日ぶりに熱帯夜が復活し、寝苦しい朝となりました。大阪で25.1度、神戸では25.7度と、関西の5か所のアメダス地点で最低気温が25度を下回りませんでした。ただ、この先は徐々に秋らしい空気に包まれる日が増えるため、今週末は本格的な衣替えを進めておくとよさそうです。

きょう27日(水)からあす28日(木)にかけて 蒸し暑い空気に覆われる

画像A

きょう27日(水)朝にかけて熱帯夜が復活した理由は、日本海の低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込んだためです。関西もこの蒸し暑い空気に覆われて、夜間や朝の気温が下がりにくくなりました。あす28日(木)にかけても関西に暖かく湿った空気が流れ込むため、28日(木)朝にかけても大阪や神戸などは熱帯夜になる見通しです。今夜も寝苦しくなりますので、お休み前にコップ一杯の水を飲むなど、熱中症にならないようお気をつけください。

29日(金)は秋の空気に その後も秋の空気に覆われる日が多い

画像B

あさって29日(金)は前線の北側の秋の空気が流れ込み、天気が回復して、カラッとした陽気になります。29日(金)夜は中秋の名月も楽しめそうです。その後も来週にかけて、関西は秋らしいカラッとした空気に覆われる日が多くなり、朝晩は涼しくなる見込みです。昼間の気温は30度前後で暑さが続きますが、夜間は気温が下がりやすくなります。昼間は半そでで過ごせても、朝晩は長袖や薄手の羽織物が活躍しそうです。今週末は洗濯日和になりますので、本格的な衣替えを進めるチャンスになりそうです。