今週末(30日土曜・10月1日日曜)は、まだ季節外れの暑さに注意。また、9月最後の土曜日は、午後は広く雨で本降りに。10月スタートも北日本は傘の出番。来週はグッと秋めき、北海道の標高の高い山では初冠雪になりそう。一方、沖縄は台風の動向に注意が必要です。

今週末 土曜は広く雨 日曜も北日本や北陸で雨

画像A

あす30日(土)は、午前中は晴れる所が多いですが、午後は天気下り坂。寒気を伴った気圧の谷や湿った空気の影響で、広い範囲で傘の出番となるでしょう。

関東や東北南部では、午前から雲が多く、所々で雨となるでしょう。午後は日本海側からまとまった雨雲が広がり、夕方以降、山陰や北陸で本降りとなりそうです。夜は近畿や東海でも、雨脚が強まるでしょう。東北では土砂降りの所もありそうです。大気の状態が不安定なため、落雷や竜巻などの突風に注意が必要です。

10月1日(日)も、北海道の日本海側〜北陸を中心に雨や雷雨となるでしょう。

来週は季節前進 北海道で初冠雪か

画像B

2日(月)〜3日(火)は、本州付近は移動性の高気圧に覆われて、秋晴れの所が多くなるでしょう。

4日(水)〜6日(金)頃は、低気圧や前線の影響で、北海道や東北を中心に雨や風が強まり、荒れた天気となるおそれがあります。

この先、今週末(30日土曜・10月1日日曜)は、季節外れの暑さが続き、関東以西で真夏日の所が多いでしょう。

来週は、東海以西では、まだ真夏日の日がありますが、真夏日地点はグッと減る見込みです。東京都心では27℃前後と、まだ平年(25℃くらい)よりは高いですが、しのぎやすくなりそうです。朝晩を中心にグッと秋めき、東京都心では18℃くらいまで下がる日が増え、羽織る物がないとヒンヤリ感じられそうです。一般的に気温18℃が、衣替えの目安といわれます。今週末は、衣替えの準備をするのがよさそうです。

一方、北日本では、来週はグッと季節が進む見込みです。札幌市では、日中も20℃に届かなくなり、朝晩は10℃くらいと暖房がほしいくらいです。来週6日(金)以降は、上空の寒気がさらに強まり、山では雪の積もる所もあるでしょう。いよいよ今シーズン全国で初めて初冠雪の便りが届きそうです。初冠雪の平年日は、旭岳で9月25日、利尻山で10月3日、斜里岳は10月14日、手稲山は10月18日です。

追記:全国初の初冠雪が10月にずれ込むと、2004年以来19年ぶり (2004年の全国初の初冠雪は10月3日:利尻山)

24時間以内に台風発生へ 来週は沖縄の南へ 動向注意

画像C

きょう29日15時、気象庁はフィリピンの東にある熱帯低気圧が、今後24時間以内に台風になる見込みと発表しました。台風となれば、台風14号ということになります。

来週は先島諸島など沖縄の南海上へ北上し、沖縄や奄美付近から本州の南に延びる前線の活動を活発化させる可能性があるため、今後の動向に注意が必要です。

10月もまだ台風シーズン。10月の平年の発生数は3.4個、日本への接近数は1.7個となっています。日頃からハザードマップの確認や、側溝の掃除など、備えは万全にしておきましょう。