9月最終日も厳しい残暑で、東海以西では所々で真夏日(最高気温30℃以上)となっています。奈良市では今年90回目の真夏日で、年間の真夏日日数は統計開始以来、最多に。大分市では今年79回目の真夏日となり、年間の真夏日日数は2022年と並んで過去最多タイ記録となりました。10月1日も関東から西では太平洋側を中心に真夏日となるでしょう。

9月最終日も所々で真夏日

画像A

きょう30日は東シナ海から日本海に前線が延びています。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでおり、東海以西では所々で真夏日となっています。全国のアメダスのうち真夏日地点数は5日連続で200地点を超えました。

14時30分までの最高気温は、沖縄県石垣島で34.0℃、広島県安芸太田町加計で33.1℃、鹿児島市で32.9℃、大分県宇佐市院内や大分県豊後大野市の犬飼で32.8℃と、うだるような暑さとなっています。

奈良市では31.6℃と今年90回目の真夏日で、年間の真夏日日数が統計開始以来、最多となりました。大分市では30.8℃と今年79回の真夏日となり、年間の真夏日日数は2022年と並んで過去最多タイ記録となりました。

一方、関東は雲が多く、東京都心は28.5℃と真夏日から解放されています。

10月に入ってもまだ真夏日

画像B

あす10月1日も厳しい残暑が続くでしょう。

最高気温は全国的に平年より高く、関東から九州では太平洋側を中心に30℃以上の所が多くなりそうです。東京都心は31℃と、きょう30日より高く、真夏日になりそうです。名古屋市も31℃、大阪市は30℃と厳しい暑さが続くでしょう。

10月に入りますが、まだ熱中症に注意が必要です。こまめな水分補給を心がけてください。