きょう3日(火)は、午後になって西日本で雲が増え所々が雨が降っています。夜の帰宅時間帯は、九州〜東海で雨が降り、雷を伴い激しく降る所も。あす4日(水)は、関東も傘の出番となりそうです。

今夜 九州〜東海で雨 激しく降る所も

画像A

きょう3日(火)は、本州付近は高気圧に覆われていますが、西から気圧の谷や湿った空気の影響を受ける見込みです。北日本や東日本は広い範囲で秋晴れとなっていますが、西日本は雲が多くなり、昼前から所々で雨が降っています。

今夜(3日)帰宅時間帯は、九州〜東海では太平洋側を中心に所々で雨となるでしょう。特に、九州南部の種子島・屋久島地方や、紀伊半島など東海地方では、雷を伴い激しく降る所があるでしょう。

激しい雨とは、1時間に30ミリ以上のバケツをひっくり返したような雨で、傘を差していても濡れてしまうほどです。高速道路走行時、車輪と路面の間に水膜が生じブレーキが効かなくなるハイドロプレーニング現象が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分ご注意ください。

あす4日(水) 東海や関東中心 湿った空気の影響を受ける

画像B

あす4日(水)は、高気圧の中心が東に離れ、湿った空気が東日本を中心に流れ込むでしょう。また、北日本には前線を伴った低気圧が近づく見込みです。東海や関東を中心に、雨が降りやすいでしょう。

一方、台風14号は、あす4日(水)日中、石垣島や与那国島など先島諸島に最も接近、高波や暴風に警戒が必要です。

本州の太平洋側中心に雨 先島諸島は荒天警戒

画像C

あす4日(水)は、北日本は晴れますが、夕方以降は日本海側から雨や雷雨となるでしょう。関東や東海は、雨の所が多いでしょう。近畿は昼過ぎまで雨の所がありそうです。九州南部も所々で雨となりそうです。石垣島など先島諸島は雨で、風が非常に強まるでしょう。

最高気温は、きょう3日(火)より低い所が多いでしょう。東京都心は雨が降ったりやんだりで、日中も21℃と半袖ではヒンヤリしそうです。長袖+朝晩は薄手の羽織る物など、重ね着でうまく調節しましょう。