衣替えといえば洋服ですが、新聞天気図にも衣替えがあります。11月1日は新聞天気図が夏バージョンから冬バージョンへ。夏と冬でどこが変わるの?また、新聞天気図は衣替えですが、地上は夏日続出で半袖日和。11月としては異例の暑さになりそうです。

新聞天気図の衣替え

衣替えと言えば洋服ですが、新聞天気図にも衣替えがあります。

洋服の衣替えは6月1日と10月1日が一般的ですが、天気図の衣替えは5月1日と11月1日。あさって11月1日は、多くの新聞に載る天気図が冬用バージョンから夏用バージョンに変わります。

夏用と冬用の違いは?

夏用と冬用の主な違いは、天気図に載るエリアが違うことです。

夏用の天気図では、南の海上を広くとっています。これは、夏の主役の太平洋高気圧や、南の海上で発生する台風を出来るだけ載せるためです。

一方、冬用の天気図では中国大陸〜シベリア大陸など北側を広くとっています。
冬は大陸から張り出す高気圧や寒気の影響を受けるため、北側(大陸側)を広くしています。

その他、天気記号の凡例も一部変わります。夏バージョンでは、雪マークの紹介がなくなり、雷マークの紹介になります。ご自宅にある新聞天気図で、見比べてみて下さい。

11月なのに・・・夏日続出 異例の暑さへ

画像C

11月1日(水)から新聞天気図は衣替えになりますが、地上付近は最高気温25℃以上の夏日続出。東京都心では11月2日(木)〜6日(月)にかけて、連日、夏日となりそうです。昼間は半袖が活躍しそうです。

東京都心で11月に夏日になると、2009年11月1日以来、14年ぶり。連日で夏日になれば、統計開始以来初という事になります。

また、金沢市など北陸や福島市など東北南部でも、11月3日(祝:文化の日)〜4日(土)は夏日予想で、金沢市では最高気温27℃と汗ばむ陽気となりそうです。

11月も暑さの記録更新か

画像D

今年(2023年)は、記録的に暑い夏となりました。東京都心では、年間の猛暑日(最高気温35℃以上)日数が22日と過去最多を更新。年間の真夏日(最高気温30℃以上)日数が90日と過去最多を更新。真夏日(最高気温30℃以上)の連続日数が64日と過去最長を更新しました。

そして、年間の夏日(最高気温25℃以上)の日数は140日と過去最多タイ(2023年10月29日まで)となっていますが、11月2日(木)から連日で夏日が予想されているため、過去最多記録を更新する可能性があります。

ただ、日中は半袖で過ごせる陽気でも朝晩はグッと冷えます。一日の中でも気温差が大きくなりますので、重ね着などで上手く調節しましょう。