11月のスタートは、前線が近づく北海道や東北では午後は次第に雨や雷雨になるでしょう。激しい雨や竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうにご注意ください。北陸も夜は所々で雨や雷雨になりそうです。関東から九州は秋晴れとなるでしょう。夏日になる所もありそうです。

北日本は激しい雨や落雷・突風・ひょうに注意 東・西日本は秋晴れ

画像A

きょう11月1日は、低気圧が北海道の北を進み、低気圧から延びる寒冷前線が北海道に近づくでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空には寒気が入るため、大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

北海道の日本海側では昼頃から雨や雷雨になるでしょう。激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風、ひょうにご注意ください。北海道の太平洋側も夜は雨や雷雨になりそうです。東北も日本海側は次第に雲が増えて、夜は雨や雷雨になるでしょう。局地的に激しい雨が降りそうです。東北の太平洋側は大体晴れるでしょう。北陸も日中は大体晴れますが、夜は所々で雨や雷雨になりそうです。

一方、関東から九州はおおむね晴れるでしょう。沖縄も晴れますが、次第に雲が増えて、昼頃から、にわか雨の所がありそうです。

最高気温は平年より高い所が多い

画像B

最高気温は全国的に平年より高いでしょう。

北海道は南風が強まり、昨日より2℃くらい高くなりそうです。札幌市は19℃の予想です。東北や北陸は22℃前後で、10月上旬から中旬並みの所が多いでしょう。

関東は23℃くらいで日中は過ごしやすい陽気になりそうです。東海から九州は25℃くらいまで上がり、昼間は半袖で過ごせるくらいでしょう。広島市や福岡市、鹿児島市などでは夏日になりそうです。

激しい雨とは?

画像C

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上〜50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。

激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分ご注意ください。

ひょうの被害と対策

画像D

ひょうが降ると、人や車の損傷、窓ガラスが割れる、農作物の落下や裂傷、などの被害をもたらします。ひょうの中には、みかんやソフトボールくらいの大きさになるものもあり、大きければ大きいほど、落下速度が速くなるので、被害が大きくなるおそれがあります。ひょうが降る場合は、次のような方法で、被害を最小限にとどめたいものです。

① ひょうが人へ当たると、ケガをしてしまいます。また、屋外に駐車した車に、ひょうが落ちてくると、傷がついてしまいます。ひょうが降ってきたら、頑丈な屋根のある建物の中へ避難しましょう。
② 家の窓ガラスに、ひょうが当たると、ガラスが割れてしまいますので、雨戸やシャッターがあれば閉めておくのがおすすめです。雨戸やシャッターがなければ、カーテンを引いておくだけでも、割れたガラスが室内に飛び散るのを、少しでも防ぐことができます。
③ 農作物は、事前に網で覆うと、ひょうが直接当たることを防ぐことができます。網は、なるべく目の細かい物を使用してください。また、ひょうが網の上にたまると、その重みで、網が破けることもありますので、網をしっかり取り付けることが大切です。