3連休にかけて11月としては記録的な高温に。沖縄や九州から東北南部にかけて夏日地点(最高気温25℃以上)が続出するでしょう。連休明けは広く雨や風が強まり、荒れた天気となりそうです。

11月なのに異例の夏日

画像A

日本列島の上空1500メートル付近にはプラス12℃以上の季節外れの暖気が流れ込むでしょう。沖縄や九州から東北南部にかけて夏日地点(最高気温25℃以上)が続出しそうです。

福岡市では11月1日(水)から5日連続の夏日、名古屋市や東京都心では2日(木)から3日連続の夏日となるでしょう。いずれも11月にここまで連続で夏日となれば統計開始以来、初めてのことです。大阪市でも2日(木)から4日連続の夏日となる予想で、連日の夏日となれば34年ぶりとなります。

富山市では3日(金:文化の日)は30℃に迫る暑さとなるでしょう。仙台市でも3日(金:文化の日)と4日(土)は夏日予想となっています。11月に仙台市で夏日になれば、統計開始来、初めてのことです。11月としては記録的な高温となりますので、服装選びにお気をつけください。

6日(月)以降は季節外れの暑さは収まるでしょう。

連休明けは広く荒天

画像B

2日(木)は九州から関東にかけて秋晴れが続くでしょう。北陸から北海道は朝まで雨や雷雨の所がありますが、日中は日差しが戻る見込みです。

3日(金:文化の日)は広く晴れて、お出かけ日和になるでしょう。4日(土)は前線の影響で、雲が多くなり、九州北部や北海道は雨の降る所がありそうです。5日(日)は低気圧が発達しながら日本海西部に進み、九州から東海を中心に所々で雨が降るでしょう。広く南風が強まりそうです。

6日(月)は低気圧はさらに発達しながら北日本付近に進み、低気圧から延びる前線が日本付近を通過する予想です。九州から北海道で広く雨が降り、風も強まりそうです。東北や北海道では大荒れや大雨となる恐れもあります。7日(火)も関東から北海道は所々で雨が降るでしょう。

晴れる日多く 快適な陽気の日が多い

画像C

14日(火)にかけては本州付近は晴れる所が多い見込みです。北海道は雲が広がりやすく、9日(木)と10日(金)は雨が降るでしょう。沖縄は11日(土)から13日(月)はぐずついた天気でしょう。

最高気温は九州から関東は20℃前後と過ごしやすい日が多くなりそうです。東北は20℃に届かないでしょう。北海道は10℃未満の日が増えそうです。朝晩は一段と冷え込みますので、暖かくしてお過ごしください。