今日(1日)は、北海道付近を前線が通過することにより、道内は広く雨となる見込みです。大気の状態は非常に不安定となるでしょう。突風や落雷、ひょう、急な激しい雨などに注意して下さい。
雨雲の発達の程度によっては、警報級の大雨となる恐れがある所もあります。

今日(1日)は大気不安定のため、急な激しい雨に注意

画像A

サハリン方面からオホーツク海に進む低気圧からのびる前線が、明日にかけて北海道付近を通過するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空に寒気が流れ込むため、大気の状態は非常に不安定となりそうです。
前線の通過は、北部では夕方にかけて、南西部では夕方から夜、東部は日付が変わるころから明日朝にかけてとなる見込みです。北部や南西部を中心に降り方が強まり、局地的に激しい雨となる恐れがあります。また、竜巻などの激しい突風や落雷、ひょうの恐れもあります。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全の確保に努めてください。
また、風は広くやや強く吹き、桧山奥尻島などでは強く吹くでしょう。強風に注意して下さい。

明日(2日)は天気回復

明日(2日)は、オホーツク海から高気圧が張り出すでしょう。北海道付近は、南西部や東部などで明け方まで雨が残りますが、日中は広く晴れる見込みです。風は東部で午後もやや強く吹く他は、次第におさまるでしょう。
なお、3日以降は雲の広がりやすい天気が続き、雨となる日もありそうです。2日の晴れ間を有効活用して下さい。