きょう2日は、最高気温が全国的に平年を上回り、関東から九州は25℃以上の夏日がグッと増えるでしょう。全国のアメダス地点の半数近くで夏日となりそうです。各地で11月とは思えないほどの汗ばむくらいの暑さになるでしょう。

九州〜関東は広く晴れ 北陸・東北は昼頃まで雨や雷雨

画像A

きょう2日は、本州付近は引き続き高気圧に覆われるでしょう。九州から関東は広い範囲で晴れる見込みです。一日を通して、天気の崩れはないでしょう。

一方、北海道から北陸を寒冷前線が通過する見込みです。上空の寒気や、前線に向かう暖かく湿った空気の影響で、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。そのため、北陸と東北は昼頃まで雨の降る所がありそうです。特に北陸では、局地的に激しい雨や雷雨となるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意してください。午後は次第に天気が回復して晴れてくる見込みです。

北海道もはじめ雨や雷雨の所がありますが、次第に広く晴れるでしょう。沖縄は朝まで雨の降る所がありますが、日中は晴れ間が出る見込みです。

11月とは思えない暑さ 最高気温25℃以上続出

きょう2日は、九州から関東は朝から広く日差しが届き、気温がグングン上昇しそうです。北陸や東北、北海道も次第に晴れるため、順調に気温が上がるでしょう。最高気温は、全国的に平年を大幅に上回り、9月下旬から10月上旬並みの所が多くなりそうです。

きのう1日は、全国のアメダスの90地点で夏日(最高気温25℃以上)になりましたが、きょう2日はさらにグッと増えて、全国のアメダスの半数近くで夏日となりそうです。鹿児島は28℃、福岡と広島は27℃、高知や名古屋、東京都心は26℃、大阪は25℃の予想です。もし東京都心で夏日になれば今年141回目で、統計開始以来、過去最多記録を更新する見込みです。

各地で11月とは思えないほどの異常な暑さになりそうです。ただし、朝晩はヒンヤリして日中との寒暖差が大きくなるでしょう。服装選びに注意をして体調を崩さないようにご注意ください。