今朝(2日)は、東北の日本海側や北陸を中心に活発な雨雲がかかり、新潟県では1時間に30ミリ近くの土砂降りの雨の降った所も。このあと昼頃まで局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要です。

1時間に30ミリ近くの土砂降りの雨

今朝(2日)は、寒冷前線が東北や北陸を通過しています。前線に向かう暖かく湿った空気や上空の寒気の影響で、大気の状態が不安定になっています。

東北の日本海側や北陸では、局地的に雨雲や雷雲が発達しています。昨夜から未明0時1分までの1時間には、秋田県秋田市太平山で39.0ミリの激しい雨が降りました。明け方から朝にかけても活発な雨雲がかかっていて、新潟県長岡市栃尾では、午前8時37分までの1時間に29.5ミリ、新潟県阿賀野市では午前6時39分までの1時間に29.0ミリの土砂降りの雨が降りました。

東北の日本海側では夕方まで雨の降る所も

東北の日本海側や北陸では、この後も昼頃まで雨の降る所が多いでしょう。特に新潟県では局地的に1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る恐れがあります。午後には次第にやみますが、東北の日本海側では夕方まで雨の降る所がありそうです。落雷や突風、急な強い雨に注意が必要です。

午前9時現在、新潟県中越地方には大雨警報が発表されています。低い土地の浸水に警戒してください。