あすからの3連休も最高気温が25℃以上の夏日の続く所が多く、11月とは思えない暑さになるでしょう。11月でも、まだ暑さ対策が必要です。また、北海道や東北、北陸から山陰では天気の急変にもご注意ください。

あす3日文化の日 広い範囲で晴れる 夏日地点増える

画像A

きょう2日は南から暖かな空気が入り、九州から関東では所々で夏日(最高気温が25℃以上)になりました。午後4時までの最高気温は、高知県四万十市西土佐で29.7℃、山口県岩国市の広瀬で29.1℃と真夏日(最高気温が30℃以上)一歩手前まで上がりました。季節は逆戻りで、11月とは思えない暑さになりました。

あす3日は東北付近まで暖かい空気が入り、東北でも夏日になる所がありそうです。仙台市の最高気温は26℃の予想ですが、11月に夏日になれば統計開始以来、初めてのことになります。東京都心は25℃の予想で、夏日になれば、11月としては14年ぶり(2009年11月1日以来)です。北陸や山陰では日差しとフェーン現象で、30℃に迫る所もあるでしょう。もう11月ですが、油断せずに暑さ対策を行ってください。

北海道や東北 突風や落雷、ひょう、急な強い雨に注意

あす3日は前線が北日本付近に接近するため、北海道では昼頃から広く雨が降るでしょう。東北も日本海側を中心に所々で雨が降りそうです。

北海道の日本海側北部では、あす朝から昼過ぎにかけて暴風に警戒が必要です。
また、北海道や東北地方ではあさって4日にかけて、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨、ひょうによる農作物や農業施設等への被害にご注意ください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めましょう。

4日 夏日が続く所も 天気の急変に注意

画像C

4日も日差しの届く所が多く、お出かけ日和でしょう。
沖縄や九州から関東では夏日の続く所が多く、11月としては記録的な高温になる所もありそうです。東京都心では、2日連続で25℃以上の夏日の予想になっています。連日で夏日になれば、統計開始以来、初めてのことです。また、大阪市でも11月に連日の夏日となれば34年ぶりです。
日中は半袖でも過ごせるくらいですが、日が傾くと空気がヒンヤリしてきます。お出かけの際は、調節のしやすい服装がおすすめです。

ただ、午後は前線が通過するため、北海道や東北、北陸から九州北部では天気の急変に注意が必要です。お出かけを予定されている方は、雨具をご用意ください。

5日〜6日 低気圧急発達 全国的に荒天のおそれ

画像D

3連休最終日の5日は、低気圧が発達しながら日本海を進むため、次第に南風が強まりそうです。湿った空気が流れ込み、九州から東海を中心に所々で雨が降るでしょう。

6日は低気圧が急速に発達しながら北日本付近に進み、低気圧から延びる前線が日本付近を通過する予想です。九州から北海道で広く雨が降り、風も強まって、荒れた天気になるでしょう。東北や北海道では、大荒れや大雨となるおそれもあります。最新の気象情報にご注意ください。